無料の会員登録をすると
お気に入りができます

手抜き感ゼロ♡「ゆるスウェット」のおしゃれコーデ10連発

今、おしゃれさんたちがこぞって着ているのが、ゆるスウェット。楽ちんカワイイアイテムとして話題沸騰中なんです。でも、スウェットって野暮ったく見えそうで心配ですよね。みんなのコーデを見せてもらったら、そこには素敵に着こなす10個のテクニックがありました!

2018年1月
ファッション

「ゆるスウェット」が人気爆発中♡

ニットに引き続き、スウェットにもゆる~いシルエットのアイテムが続々と登場!ボリューミーな袖やだぼっとした裾の感じが女心をくすぐられますよね。

wear.jp

だけど、部屋着っぽく見えたりするのは絶対避けたいトコロ。おしゃれさんたちのあか抜けコーデの秘訣を、ここで学んでいきましょう。

タイトなボトムスと合わせる♡

ボリューミーなトップスには、タイトなボトムスですっきりと見せるのが鉄板です。スウェットが野暮ったく見えて困っている方は、まずはこのシルエットからマネするのがオススメです。

①スキニーパンツでメンズライクに

黒スキニーで、メンズライクにスタイルアップ。もこもこカーデを合わせて、旬のゆるシルエットをとことん楽しむのもアリですね。チェーンバッグを添えて、気取らない大人カジュアルスタイルに。

wear.jp

②タイトスカートで脚長見せ

ハイウエストのロングカートなら、脚長効果が高まります。スポーティーコーデに女っぽいタイトスカートが、大人っぽいハズし役に。耳元できらりと光るピアスが、品良く見せるさりげないアクセント。

wear.jp

色彩バランスを意識♡

部屋着っぽく見えてしまう理由の1つは、色づかいにもあります。補色や同色で都会的な色彩バランスをつくれば、より手抜き感が薄まりますよ。

③コントラストで魅せる

ネイビーとブラウンの配色が、スウェット×ワイドパンツコーデをあか抜けた印象に。スウェットのロゴをワンポイントに、ファーバッグで季節感をプラス。コーデュロイの畝が、無地コーデを奥行きのあるスタイルに。

wear.jp

④ワントーンでまとめる

スウェットにもワントーンコーデが有効です。ノーカラーコートとニットパンツで、Iラインシルエットに。まろやかなベージュ系のコーデには、黒のバッグを添えることで、全体を引き締めることができます。

wear.jp

重ね着で魅せる♡

今季の本命スタイルといえば、重ね着ですよね。特に、フリルトップスのちら見せは、おしゃれさんたちの間でも人気の合わせ技です。

⑤フリルブラウスを重ね着する

旬のフリルブラウスは、カジュアルコーデにも相性抜群。カーキのプリーツスカートを合わせて、グレーススウェットを大人っぽく抜け感のあるバランスに。お団子ヘアなら、フリルのかわいさを存分に活かせますね。

wear.jp

⑥ハイネックトップスを重ね着する

カジュアルな雰囲気をキープするなら、フリルブラウスよりハイネックトップスが◎。メンズライクなブラックコーデに、ブラウンのロゴスウェットが着映え力抜群。フライトキャップに、個性がきらりと光ります。

wear.jp

柄ボトムスと合わせる♡

ラフなスウェットを、女らしい柄ボトムスでハズすのもおしゃれテク。春らしい柄を選べば、季節感が一気に上昇します。

⑦花柄でドラマティックに

王道の花柄スカートが、ラフなスウェットを洗練された印象に。マットな質感のきれいめシューズと差し色の靴下で、足元のおしゃれ感も忘れません。風に揺れるスカートに、思わずうっとりしてしまいますね。

wear.jp

⑧ギンガムチェックで春を意識

春らしいギンガムチェック柄も注目度上昇中!カレッジロゴのスウェットも、タイトスカートでグッと軽やかなコーデにアップデート。イエローのバッグが、コーデのワンポイントカラーになっています。

wear.jp

きれい色スウェットを選ぶ♡

ベーシックな色もいいですが、着るたびに明るい気持ちになれるきれい色スウェットもオススメ。今季は、パステルカラーやビビッドカラーが豊作なので、コーデの主役になってくれそうです。

⑨淡いブルーでさわやかに

優しいブルーのスウェットで、清潔感のある印象に。ベージュのロングチュールスカートを合わせれば、好印象を狙える淡色コーデの出来上がり。大人っぽく見せるためには、引き締めカラーのバッグが欠かせません。

wear.jp

⑩鮮やかなイエローでカジュアルに

パッと目を引くイエローのスウェットが主役。襟からちらりと見えるフリルとサングラスで、胸元のアクセントはバッチリ。定番のデニムパンツも、新鮮な気持ちで着られそうですね。

wear.jp

ゆるスウェット生活を楽しもう♡

ゆるスウェットは、着心地も手入れも楽だから、忙しい日や休日コーデの強い味方でもあります。この一大トレンドに乗っかって、冬→春ファッションに取り入れてみませんか?

wear.jp
記事に関するお問い合わせ