無料の会員登録をすると
お気に入りができます

驚きしかない…!ドラマチックな空写真が誰でも撮れちゃうコツ3つ|スマホ撮影テク #29

エンタメ

【カメラマンが教える! いいね! がつくスマホの撮影テク】vol. 29

まずは基本の青空から!

今回もプロカメラマン、佐藤朗先生に撮影テクをお聞きしました。まずは基本の青空から。本連載ではすでに何度かご紹介しましたが、空を青く撮りたい場合は順光、つまり太陽を背にして撮影するのがベスト。逆光では空が白っぽく写ってしまいます。

左の写真は順光、右の写真は逆光で撮影。同じ日の同じ時間帯に撮影した空でも、光の向きによって全然色が違います。さらに空をしっかり青くしたい場合は、撮影時に露出補正をマイナスにするとよいそうです。

また、空をメインにした写真を撮るときのポイントは空の面積を多めに撮影すること。といっても、雲ひとつない青空だけを撮ってしまうと、青い紙が写っているだけのようにも見えてしまいますよね。そんなときは、少しでも空の高さが伝えられるよう比較になる被写体を一緒に写すとよいそうです。

左の写真は空だけ。右には観覧車を入れてみました。

雲の撮り方は?

次は、雲の撮り方について。季節感を伝えることもできるので、雲は人気のある被写体のひとつです。

上の写真は佐藤先生が撮影。夏の雰囲気を感じられて、明るい気分になれる写真です。

また、雲の形そのものが特徴的な場合は、空だけ写してもおもしろいそうです。

こちらも佐藤先生が撮影。何かが迫りくるような、ちょっとゾクッとする写真です。こんなふうに気候条件によってさまざまな表現ができるので、雲の多い日は空を見上げてシャッターチャンスを狙うといいかもしれません。

ドラマチックな空写真を撮るコツ3つ

それでは、いよいよドラマチックな空写真の撮影テクをご紹介。3つのコツを教わりましたので、ひとつずつピックアップしていきます。

露出をグッと下げてみる

まずは、撮影時のコツ。通常より極端に露出を下げてみると、まるで白夜のような写真が撮れるとのこと。以下は佐藤先生の写真です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ