無料の会員登録をすると
お気に入りができます

寝る前の“影絵”でひと遊び!絵本より楽ちん&寝かしつけも簡単

子育て

ママやパパが子どもと一緒に楽しめる“おうち遊び”を毎週金曜日にご紹介している「VERYこども遊び研究所」。

「VERYこども遊び研究所」

今週は、井出武尊さんによるパパ遊びです。今回は、部屋を真っ暗にして影絵を楽しむ秋の夜長にぴったりの遊び。昼間に子どもと遊ぶ時間がとれないママやパパも、寝る前の時間でなら自然と触れ合えそう。寝かしつけもスムーズになりますね。

VERYこども遊び研究所 Vol.25 <今週のパパ遊び>

「アート作品で遊んじゃおう!
寝る前の影絵で親子の時間を楽しもう」

仕事をしていると、子どもと過ごす時間って意外と少ないものです。

毎日少しでも”親子で遊ぶこと”は、子どもの発達・成長にとってとても大切なことだと思います。忙しい毎日でも取り入れやすい、夜寝る前のちょっとした時間の遊びの提案です。

今回やるのは影絵。手を使う影絵はおなじみですが、使うものを変えるだけでまるで違った遊びになります。これらは一体何に見えるでしょうか?

実は全て家庭によくある身近なもの。見慣れたものだとは思えない不思議な影の造形。同じものを重ねたり、並べたりしてみても影の形は変わります。いろんなもので試してみてください。

これは現代美術作家のクワクボリョウタさんの作品『10番目の感傷(点・線・面)』を真似た遊びです。『10番目の感傷(点・線・面)』はゆっくりと走る鉄道模型に取り付けられたLEDライトが、その周囲に置かれた日用品の影を、壁や天井に投影していく作品です。

影は時にその場にいる鑑賞者を飲み込むくらいに大きくなったりして、まるで影の世界に入り込んだかのような不思議な体験を与えてくれます。機会があれば多くの子どもたちに体験してもらいたい、私自身とても大好きな素晴らしい作品です。

遊びで使っているライトはスマートフォンのフラッシュライト。影は壁や天井に投影します。スマートフォンの普及のおかげで影絵は、とっても簡単に行える遊びになりました。

手前からライトで照らし、奥の壁に影を落としているのですが、位置関係はこんな感じです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ