無料の会員登録をすると
お気に入りができます

いらないものは年内に処分! 不要か判断する際のチェックポイント

自分にとって「いる」か「いらないか」。判断する際のチェックポイントを聞いてきました。

お掃除

(Erstudiostok/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ずっと使っていないメイク用品、着ていない服、読んでいない本。自分にとって必要のないものが、家のあちこちに放置されていませんか?

いらないものはぜひ年内に処分して、気持ちよく新しい年をスタートさせましょう! 手放すか判断する際のチェックポイントを、fumumu取材班が聞いてきました。

①今年使った?

「捨てるか迷ったときは、そもそも最近使ったか? を基準に決めるようにしています。未練があったとしても、使っていないなら持っていても仕方ないですから。
今年に1回でも使ったか考えて、手にとってすらいないなら、もう手放していいんじゃないでしょうか。1年使わなかったものが、翌年にいきなり使うようになることって、あまりないと思いますよ。
不要なものを処分すれば、また新しいものと出会えるかもしれないし。スッキリした気持ちで新年を迎えるためには、未練を断ち切る勇気も必要だと思います」(20代・女性)

関連記事:メリットがいっぱい! 「私がセール品を買わない理由」聞いてみた

②新しい年に必要?

「大掃除のときに、いつも『これ捨てようかな、取っておこうかな…』と悩んでしまうんです。購入したときの値段がそれなりにすると、余計に未練が残ってしまって…。そういうときは、新しい年に必要かな? と考えることが多いです。
年が明けると、なんとなくフレッシュな気分になって、新しいことを始めたいな! と思ったりするじゃないですか。そんな清々しい気分のときに、そばに置いておきたいものかな? って考えるんです。
『いらないかもしれないけど、でも…』ってウジウジした気持ちを、新年に持っていくのもどうかなと思って。新しい年になっても使いたいか考えると、『年も明けるし、もういらないか!』と未練が断ち切れるんですよね」(20代・女性)

③売れたらどう?

「自分にとって必要だから捨てたくないのか、ただもったいないから手放したくないのか、冷静に考えるようにしています。
どうしても、なにかを捨てるときは『せっかく買ったから…』と、使ったお金のことを考えてしまうから。『もしこれが売れたら、手放すかな?』と考えると、意外と簡単に答えが出ますよ。
フリマアプリで売れたところ想像すると、本当に必要なら『売れても手放したくない』と思うし、必要ないなら『お金に変わるならいいや』と思うんです。後者だった場合は、潔く捨てるか、実際にフリマアプリに出品しています」(20代・女性)

本当に必要なものだけを残すことができたら、スッキリとした気持ちで新しい年をスタートできそうです。

1年の締めくくりに、ぜひお部屋の中をチェックしてみてくださいね。

(文/fumumu編集部・くまのなな)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ