無料の会員登録をすると
お気に入りができます

肌荒れや不眠につながる…!? 「入浴後の脱衣所の寒さ」解決方法

多くの方が悩む、入浴後の脱衣所の寒さ。寒さをそのまま放置すれば、寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなって翌朝のお肌の調子が悪くなるなんてことも…。
そこで今回は、多くのプチ不調や美のお悩みを解決してきた、ナイトケアアドバイザーの小林麻利子が、脱衣所の寒さ対策をご紹介します。

グラフ・王悠夏、文・小林麻利子

美容

【小林麻利子の美人の作り方】vol. 118

女性の54%の方が脱衣所で寒く感じている

20~30代のanan総研メンバー65名に調査(2017年12月)したところ、半数以上の方が入浴後の脱衣所で寒いと感じているようです。

脱衣所で寒さを感じる原因

原因はさまざまありますが、例えば以下が挙げられます。

1.お風呂の水温が低い

2.浴室が寒い

3.湯舟に浸かる時間が短い

4.肩まで浸かっていない

5.洗髪時に熱が下がった

6.脱衣所が寒い

それぞれ対策をみていきましょう。

1.お風呂の水温が低い

冬は40度以上は保持できるように追い炊き機能を使ったり、追い炊き機能がなければシャワーで温湯を足しましょう。給湯器の温度設定は、意外に誤っていることが多いため、温度設定を過信せず、水温計を用意して、正しく温度管理をするようにしましょう。

また、魔法瓶のような保温機能がある浴槽でも、浴室内の気温が低ければ水温がどんどん低下してしまいます。お風呂用の蓋をして、追い炊き機能などで湯温を適宜上げながら、40度以上はキープできるように工夫してください。

2.浴室が寒い

浴室に入る前に、24時間換気扇はOFFし、シャワーでお湯を出して湯気で浴室内が温まってから入室します。浴室が寒すぎることも原因です。特に、換気扇は切ったつもりでも、隙間風などで浴室の気温が低くなりすぎるのであれば、浴室暖房などを利用しながら、気温が下がりすぎないようにしましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ