無料の会員登録をすると
お気に入りができます

私たち、今年はこう着ます♡今から春まで使える「Gジャン」コーデ10連発

寒い日が続いたと思ったら、突然上着がいらなくなるような暖かい日になったりするのが今の時期ですよね。「でも、冬のコートを着るのは飽きたな」と感じている人におすすめ!今回は、定番アイテムの「Gジャン」を今年っぽくおしゃれに着こなすコーデ例をご紹介します。

2018年2月
ファッション

おしゃれの定番「Gジャン」

1年中使えて、おしゃれの定番アイテムとしても男女問わず大人気なアイテムといえば「Gジャン」です。毎年、買い足す人やお気に入りの1枚を着回している人も多いですよね。

wear.jp

今回は、この時期から着られて、春まで着回せる「Gジャン」を今年っぽくおしゃれに着こなすコーデ例をご紹介します。

今年っぽく着こなす!

①ドット柄に合わせて、流行先取り

今年の春のトレンドとして1番注目されているのが「ドット柄」です。今年は、ボトムスで取り入れるのが旬のコーディネートで、Gジャンとの相性も抜群なので、流行を先取りたい人におすすめの着こなしです。

wear.jp

②キャラTで古着っぽく

スヌーピーとリーバイスのロゴがコラボしたTシャツを合わせた着こなしに、オーバーサイズのGジャンをロールアップして着ることで、こなれた着こなしに。ショート丈とワイドパンツでスタイルも良く見えます。

wear.jp

③トレーナーを合わせて、リラックスコーデ

Gジャンを合わせた時に、寒い日におすすめなのがパーカーです。特に、白のパーカーは差し色になるだけでなく、スニーカーなどとの相性も良いので、1つあると着回しが利くアイテムです。

wear.jp

ワイドパンツ(ドット)NR

GU

¥ 1,990

SNSでも大注目されていて、春を先取るコーディネートに使えると大人気なのがGUのドット柄ワイドパンツです。部屋着にもなりそうなリラックス感のある着心地と、はき心地の軽さで完売必至のアイテムです。

商品詳細
ワイドパンツ(ドット)NR
www.uniqlo.com
商品詳細

④定番アイテムを格上げ!

パロディTシャツを合わせたコーディネートは、シンプルなアイテムを合わせたコーディネートほどGジャンが映えます。古着風のビッグGジャンを合わせることで、定番アイテムをおしゃれに格上げした着こなしに。

wear.jp

⑤リラックス重視の、大人カジュアル

Gジャンをデニムシャツのように合わせたコーディネートは、ニットカーディガンを合わせることでリラックス感のあるカジュアルな着こなしに。スポーティなフリースパンツで着心地重視なのもポイント。

wear.jp

⑥周りと差を付けたい時におすすめ!

ドット柄のプリエシャツを合わせたコーディネートは、首元のフリルがフェミニンさをプラスしてくれる着こなしです。春らしさとトレンド感をミックスしたコーディネートは、周りと差を付けたい時におすすめです。

wear.jp

⑦ロングスカートで、スタイルアップ

ロングスカートをハイウエストで着こなしたコーディネートは、足元にスニーカーを合わせていてもスタイルアップ出来て、今年っぽいだけでなく、カジュアルだけどキレイめな雰囲気で春におすすめです。

wear.jp

⑧2枚目におすすめな「ホワイト」

インディゴカラーのGジャンはたくさん持っている人や、違う色も試してみたい人におすすめなのが「ホワイト」です。コーディネートが明るく華やかになるだけでなく、差し色としても使えるので2枚目におすすめです。

wear.jp

⑨小物と差し色で春モードに

おしゃれな人なら1つは持っているといわれている「バスケットバッグ」を合わせたり、春らしいレトロな花柄のスカートやイエローのニットを合わせたりするだけで、一気に春らしい着こなしに変身出来ます。

wear.jp

⑩ワントーンコーデで、春を取り込む

春らしいアイボリーカラーやベージュを合わせたワントーンコーデは、ふんわりと優しい雰囲気で、これからの季節に春らしさをプラスしたい時におすすめ。トレンチ風スカートで上級者の着こなしにもなれます。

wear.jp

トレンチAラインスカートNR

GU

¥ 1,990

トレンチ風デザインのスカートは、シンプルなデザインのトップスに合わせたり、スニーカーを合わせて、あえてカジュアルさとキレイめな雰囲気をマッチさせたい時に使える、この春におすすめのアイテムです。

商品詳細
トレンチAラインスカートNR
www.uniqlo.com
商品詳細

Gジャンを今年っぽく着こなそう!

毎年、冬から春にかけての定番アイテムとして大活躍してくれる「Gジャン」。今年っぽく着こなせば、いつもの定番アイテムももっとおしゃれに着こなせるかもしれません。ぜひ、参考にしてみてください。

Media?size=l
instagram.com
記事に関するお問い合わせ