無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[前編]旦那さんはあなたを「嫁」と呼びますか?呼び方の疑問とママたちの考え

子育て

旦那さんが妻のことを人に話すとき、どのように呼んでいますか? 人によって「妻」のことを「嫁」「家内」「奥さん」「かみさん」「女房」とさまざまな表現がされていますよね。同じように「夫」のことも「主人」「旦那」「亭主」と呼び方はさまざまです。年代によって傾向はありますが、みなさんは配偶者のことをどのように表現していますか。

「嫁」に対するイメージとは

ある種の方言のようなもの

関西出身の芸人の方々がテレビなどで「嫁」呼びしているのを聞いたことがありますが、地域によっては違和感がない呼び方なのかもしれません。ママスタコミュニティにも「嫁」呼びは関西方面でよく使われているのではという声が寄せられていました。

『関西はほぼほぼ嫁はん、嫁さんじゃない?』
『関西人は全員そう呼ばれているらしいよ』

筆者は関西出身で現在は他地域に住んでいますが、関西圏のほうが比較的「嫁」呼びをよく耳にする気がします。人によっては「嫁=関西」のイメージがあるのかもしれません。

深い意味はなくただの言葉として

居住している地域は不明ですがママスタコミュニティには「嫁」呼びに違和感がないという意見もあります。

『旦那の反対が嫁って感覚』
『嫁って言われるのは全然違和感ないし、別に嫌だなとも思わないけど。多分大抵の男の人は、紹介するときは「うちの嫁さん」って紹介するだろうね。うちの◯◯って名前は、呼ばないかな。紹介するとき男性はなんて言うのかな? やっぱり「うちの妻です」が正解かな? なんか私の勝手なイメージで申し訳ないけど、うちの妻って言う男性は、結構年配の方とかが言っているイメージがする。若い方とかは、うちの嫁さんって言っているイメージ。個人的なイメージだけど』

こちらのママは若い世代ほど「嫁」呼びをしている印象があるようです。「嫁」という言葉に深い意味があるというわけではなく、使用しているのかもしれません。

嫌悪感を抱いているママも

ママスタコミュニティには「嫁」という表現を好まないという意見もあります。

『女房って言い方して違和感ないのは60代くらいからだよね。一番無難なのはやっぱり妻かな。嫁だと見下している感がある』
『なんか女として一段ランク下がるよね。嫁呼びされると』

「嫁」という言葉をまったく気にせずただの言葉として使っているママがいる一方で、こちらのママたちは「嫁」という言葉に良いイメージを持っていないようですね。

「嫁」の反対語は「婿」

「嫁」の反対語として「婿」という言葉がありますが、これは妻側の両親が「娘の配偶者」のことを「婿」と呼びます。「花嫁」「花婿」というように結婚する男女のことを指す意味もありますが、「婿」呼びについてママスタコミュニティには潜在意識があるのではという意見が寄せられています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ