無料の会員登録をすると
お気に入りができます

GWはメイクの自主練♡テクニック満載の「メイク動画」10連発

メイク

④化粧崩れを防ぐフェイスブラシ使い

ベースメイクの最後に、余分な粉を落とすのが崩れ防止に役立ちます。

そこで使えるのが、柔らかな肌あたりのフェイスブラシ!肌の細やかな凹凸にフィットするので、極薄ヴェールをまとったような仕上がりです。顔の内から外へ向かって磨けば、ツヤを与えてくれますよ。

フェイスブラッシュ

IPSA

¥ 1,000

ソフトな肌触りで、ベースメイクを美しく仕上げツヤを与えるブラシ。余分なパウダーをなでるようにはらい落とせば、素肌のような軽やかさを演出します。

商品詳細
フェイスブラッシュ
www.ipsa.co.jp
商品詳細

アイシャドウ編

⑤甘すぎないピンクメイク

大人っぽくピンクシャドウを使いたい女子必見の、アイメイク動画をご紹介します。

いつものブラウンシャドウでまぶたを仕上げたら、黒目上のみ縦にピンクシャドウを入れます。さらに下目尻にも入れることでウルッとした瞳に!まぶた全体ではなくピンクの部分使いで、大人の色気を引き出すことができますよ。

ザ アイシャドウ

アディクション

¥ 2,000

マットからシルキーまで4つの異なる質感の単色シャドウ。保湿成分バラ花エキス入りで、パウダーなのにしっとり色付きます。動画で使用しているカラーは99 Miss You Moreです。

商品詳細
ザ アイシャドウ
onlineshop.addiction-beauty.com
商品詳細

⑥ホリ深な立体ハーフアイ

3色のシャドウを使って、ハーフのような立体的な目元作りをマスターしましょう。

ベージュをまぶた全体にのせたら、濃いめブラウンを目頭と目尻の両側から中央に向かってボカします。次にブラウンの境目からまぶた中央に淡いピンクカラーをのせて、立体感を演出!仕上げに何も付いていないブラシでなじませたら、ホリ深い目元が作れます。

アイブロウ編

⑦ヌケ感のある愛され眉

次は、メイクの中で1番難しいアイブロウテクを見ていきましょう。

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

口角と目尻の延長上に眉尻を設定すると、少し短めの旬眉が作れます。眉山から眉尻をペンシルで埋めたら、パウダーで眉頭を埋めましょう。眉マスカラは毛を逆立てるように塗布すると、ふんわり優しげな表情が叶いますよ。

記事に関するお問い合わせ