無料の会員登録をすると
お気に入りができます

やってる人はすぐやめて!30代がやったらイタ見え間違いなしの「NG涙袋メイク」

メイク

真っ白ラインはご法度!三白眼に見えるだけ

ドカンと真っ白のアイラインをたっぷり端から端まで引くのはNG。昔のギャルを彷彿とさせ、白が悪目立ちしてしまいます。

さらに黒目の下まで真っ白になることで、三白眼に見えてしまい、美人の目元バランスが崩れてしまいます。

白ラインが目立ちすぎると、目元がうるうるするというより、涙袋がパンパンで全体的に浮いたように見え目立つ要注意です!

目頭をくの字で囲むハイライトはもう古い!

目頭に明るいハイライトカラーを使い、くの字で囲むというメイク方法。こちらもうるうるとした目元をつくれるのですが、もう古いんです。

さらに、モテを意識した若づくりメイクであり、30代女子には好まれません。30代なら今すぐやめましょう。

令和になり、いまのトレンドは自然の中にある美しさ。いかにもなモテメイクは大人の30代には似合いません。

ぷっくりパンパンの涙袋は不自然!

涙袋をブラウンライナーで書き、明るめトーンのアイシャドウであえてぷっくりした涙袋を書き足すメイク方法があります。

こちらはややテクニックがいるので、出来る方はメイク上級者といえます。

ただし!30代には違和感があります。

30代になって、パンパンの涙袋は見るからに不自然です。若づくりをして頑張ってる感が出てしまい、イタイ大人に見えてしまいます。

さらに涙袋のブラウンラインがクマや目元のくすみに見えてしまうことも…。

涙袋を強調させるライン引きはやめて、自然なカラーで馴染ませるだけで、大人な目元に近づけます。

30代の涙袋メイクで大切なのは「さりげなさ」

30代の涙袋メイクで大切なのは、さりげなさです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ