無料の会員登録をすると
お気に入りができます

毎朝、子どもを起こすのが大変!ママたちが実践している“なかなか起きない子どもの起こし方”は?

子育て

朝、目覚めの悪い子どもを起こすのは大仕事ですよね。限られた時間の中でやることはいっぱいあるのに……なかなか起きてこないわが子にイライラしてしまうことも。寒い季節ともなれば、お布団から出たくない子の気持ちもよくわかるけれど、なんとかぐずらずに起きてもらいたいものです。今回はママスタコミュニティに寄せられた、ママたちの「子どもの起こし方」についてまとめてみました。

優しい起こし方で起きてくれる子どもたち

まずは「えっ!? こんな優しい起こし方で起きてくれるの?」というお子さんから。目覚めた瞬間からニコッとしてくれるなんて、まるで天使です……。

『くっついて起こす! すんなり起きる』
『頭撫でてほっぺにチューしたら、ニコッてしてすぐ起きる』
『布団めくってくすぐったり、からだ起こしたり顔ペチペチしたり』
『リビングを超快適にして起こしてるよ』
『布団はがして、脇や脇腹を人差し指でツンツンしてる』
『うちの下の子は食いしん坊だから、「ご飯食べる時間がないよ」って叫べば降りてくる』

起きない子どもは、おんぶでリビングへ

朝から怒ってパワーを使うよりも、子どもがぐずぐずせずに起きられる方法で朝のストレスを軽減!

『おんぶしてリビングまで連れていく。10分くらいYouTubeタイムで頭も起こしてから、朝ご飯にしてる。甘やかしすぎかな。でもイライラしたくないから、我が家はこれで朝の貴重な時間を怒鳴らなくてよくなった』
『うちは2階の子ども部屋をリビングみたいに模様替えして、こたつ置いてそこで私と子どもは朝ごはん食べてるよー。何度も起こさなくていいし、私も子どもも楽』
『おんぶしてリビングまで連れて行くよ。布団の中に放置してたら絶対起きないし、学校行きたくないって言い出すの目に見えてるから、とりあえず何としてでもリビングまで連れて行く』
『おんぶしてリビングに連れていく。テレビ見てたら自然と目が覚めるよ』
『怒っても疲れるだけだから、気持ちに余裕あるときは布団で服を着替えさせてあげて、そのままだっこでリビングに強制送還だよ』

おんぶやだっこでリビングに連れていけるのは、子どもが小さいうちだけ。ちょっと甘やかし気味かもしれないけれど、期間限定のとっておきの方法ですね。

起きない子にはスパルタ起こし!

何をしても起きない子には、やはりスパルタで起こすしかなさそうです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ