無料の会員登録をすると
お気に入りができます

コレが2021年垢抜け眉の正解♡プロが教える「今っぽ眉」の作り方

メイク

アイブロウペンシルにも質感の違いがあり、今季はサラサラに仕上がるパウダリーなものを選ぶのがベストです。

もともと眉毛が薄く、どうしても描いた感が出てしまうという場合は、フェイスパウダーを活用します。

やり方はとてもシンプルで、眉毛の上からマットなフェイスパウダーをフワッと重ねるだけ。ペンシルで描いた部分が、肌にスッとなじみ、軽さが出ます。

③眉マスカラで毛流れを整える

最後に、眉マスカラで眉毛を明るくカラーリング。塗る時は、毛先を上に立たせるようなイメージで梳かします。眉毛の毛流れがしっかりと現れ、立体感のある今っぽい眉毛が完成。

④眉下には明るいハイライトをON

さらに軽やかな印象にしたいので、眉下にハイライトを入れます。

ただし、シャイニーなパールの効いたハイライトを選ぶのはNG!質感を間違えると、古いメイクになってしまうのでご注意を。

今季選んでほしいのは、自分の肌色よりもやや明るいマットな質感のハイライト。フェイスパウダーやアイシャドウで代用するのも◎。

わざとらしさはないのに、目元全体を明るくしてくれて、眉メイクのふんわり度も増します。

眉メイクを制して今っぽ顔を手に入れよう!

今っぽい眉メイク、マスターできましたか?

最後におさえて押さえておきたい3つのポイントをおさらい!

・お手入れの段階で眉をカットしない

・ふさっと軽やかに仕上がるパウダリーなアイテムを使う

・眉上は、毛流れが目立つように仕上げる

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ