無料の会員登録をすると
お気に入りができます

初夏のネイルはさわやかさが決め手!セルフで作る「デニムネイル」

暑い時期になると、さわやかな雰囲気のネイルが素敵に見えますよね。そこで今回は、他のカラーやデザインとも相性の良い「デニムネイル」の作り方をご紹介します。

2018年6月
ネイル

初夏に似合うのはデニム♡

初夏らしいカラーといえば、さわやかなブルー。特にどんな色やデザインにも合うデニム柄は、ファッションだけでなくネイルでも重宝しますよね。

nailbook.jp

一時期デニムのパンツそっくりなデザインも流行しましたが、シンプルにまとめる方が今年らしく見えますよ。早速セルフでデニムネイルを作る方法をチェックしてみましょう。

デニムネイルの作り方

簡単で失敗しにくいスポンジネイル

ブルーを全体に二度塗りしてからメイク用スポンジで白を軽く叩き込めば、デニム柄の完成!全体が白っぽくなりすぎてしまっても、スポンジでブルーを叩き込めば調節できます。

こちらの動画ではジェルネイルを使っていますが、マニキュアでも同じようにできます。全体に塗ったカラーが乾くのを待ってから、スポンジを使ってくださいね。

ファンブラシでかすれた風合いを再現!

デニム生地のかすれた風合いを再現したいときは、ファンブラシを使った方法がおすすめです。ブラシにブルーと白のネイルポリッシュを取り、力を入れずサッと撫でるように色を乗せましょう。

ファンブラシ

Petit Price

¥ 250

他の筆では再現できない、繊細なラインを描けるのがファンブラシ。これさえあればデニムネイルだけでなく、細ボーダーやツイード柄のネイルも作れます。

商品詳細
ファンブラシ
item.rakuten.co.jp
商品詳細

アクリル絵の具で繊細なラインに

こちらの動画では、0:50~のようにファンブラシとスポンジの両方でデニム柄を作っています。アクリル絵の具を使うと滲みにくく、さらに繊細なラインを描くことができますよ。

白っぽくなりすぎたときは、刷毛を念入りにしごいてからブルーのネイルポリッシュを軽くのせてみてください。さらに2:17~のように、アクリル絵の具でお花を描いても可愛いですね。

デニムネイルのアレンジ集

①ホワイトと合わせると好感度アップ♡

nailbook.jp
記事に関するお問い合わせ