無料の会員登録をすると
お気に入りができます

NG眉あるあるポイントって!?眉メイクが残念になってしまう原因と解決テク教えます♡

メイク

1:眉の形は黄金比がポイント

眉の形がイマイチ…メイクするたびに形がバラバラ。という人は、まず眉の黄金比を確認してみましょう。眉を整える時もこの黄金比を意識すると変わりますよ!

眉頭…小鼻の真上、やや内側の延長線

眉山…眉頭から全体の3分の2の位置

眉尻…小鼻と目尻を結んだ延長線

眉の太さは目の縦幅の3分の2、細めが好みの方は3分の1程度に。

この黄金比は覚えておきましょう!そうすると毎日のメイクでも「あれ?今日は眉が変」ということが減りますよ!

2:なりたい眉をイメージしてみよう

黄金比を覚えたら今度はなりたい眉のイメージをしてみましょう!角度や描き方で優しい印象に見えたりキリッとクールに見えたりするんです。

眉の形が定まらない人は、毛のある部分に描き足し、自分がどこに描き・どこを抜くか考えずに描いていることが多いので注意しましょう。

下の写真をみるとわかるように、眉の形で印象が変わりますよね。自分がどういったイメージになりたいかをまずはイメージしましょう。

なりたい眉をイメージしないで描いていくと、必ず左右非対称だったりいつもバラバラの形になりやすいです。

どこに描き足し、どこを抜くかを頭に入れながら眉メイクしていきます!

・平行眉は眉下と眉頭から眉山の上を描き足す

・角度のある眉は眉山に角度を付け、眉頭下は消していきます。眉下も角度をつける

・アーチ眉は丸みのある眉山を作ります。眉山の下も同じように丸みを付ける

毛のある部分だけを描く・眉尻の終着点をはっきりしていない人は失敗しがちなので、特に注意が必要です!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ