無料の会員登録をすると
お気に入りができます

毎年人気! リプトンの「Fruits in Tea」専門店、今夏もオープン

グルメ

画像はイメージ

紅茶ブランド「リプトン」によるオリジナルアイスティー「Fruits in Tea」が楽しめる専門店が2018年6月29日から9月6日まで、東京・表参道にオープンします。

選べる組み合わせは約6万通り!

「Fruits in Tea」は、ベースとなる水出しのアイスティーにカットフルーツやシロップなどを入れて楽しむ見ためも涼しげなドリンク。オープン3年目となる今年は「To Go」をテーマにパワーアップして登場します。

ベースの紅茶はすべて水出しのコールドブリューティーを使用。定番のアールグレイに加え、新発売の「パイナップル&ハイビスカス」、店舗限定提供となる日本未上陸の「グリーンティー」の3種から選ぶことができます。

コールドブリューシリーズは、自社茶園にて栽培・管理し、水出し用に特別に開発した茶葉を使用しているため、渋みや苦味が少ないのだそう。暑い夏でもゴクゴクと飲むことができます。

また、中に入れるフルーツをすべてフローズンにすることで、冷たいティーが今まで以上に長く楽しめるように。選べる組み合わせは昨年の1.5倍となる約6万通りにパワーアップ。好みに合わせて自分だけのフルーツインティーを楽しむことができます。

ショップおすすめの特別メニューとして、イエロー、レッド、グリーンをテーマにした3種もラインアップされます。カスタムメニューでは作ることができない特別な組み合わせは要チェックです。

併設される物販コーナーでは、限定デザインのオリジナルタンブラーやコールドブリューティーの販売も行われるので、自宅でも楽しむことができますよ!

営業時間は10時から21時まで。8月22日は休館日となるのでご注意。場所は、表参道Zero Base(東京都港区南青山5-1-25)。

詳細は、公式サイトへ。

公式サイト

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ