無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アレを重ねるのはダメ…! 夏でも崩れない「簡単ベースメイク術」

メイク

美容ライター玉絵ゆきのがお届けする連載第32回目は「崩れにくいベースメイク話」。雨や湿気が多くなってきて、化粧崩れがしやすくなる季節。崩れたメイクのままでは、清潔感に欠けてモテ度も急降下。ポイントをふまえて、いつでも爽やかなモテ顔をキープしましょ♡

「ファンデを重ねる=崩れやすい」この方程式を覚えて!

【tamae beauty 】vol. 32

ファンデーションは重ねるごとに、崩れるリスクが高くなります。特に夏は、湿気に加えて汗や皮脂が出やすいのでいつも以上に崩れやすい環境だと心得るべし。美しい仕上がりをキープするためには、そもそも崩れないようにファンデーションは最小限に。自分の顔を鏡でよく観察したら、たいしてトラブルがなく厚塗りする必要がない部分は必ずあります。顔をまるごと一色単に塗らずに、カバーが必要なところ、必要じゃないところを見極めて。

自分の肌状態に詳しくなればなるほど美しいベースメイクができるようになります。

薄づきベースメイクが求められる夏こそ、コンシーラーの出番!

自分の顔のなかで、トラブルカバーしたいところを見極めたらファンデーションを重ね塗りではなくてコンシーラーでカバーして。そもそも、コンシーラーはピンポイントでトラブルをカバーする用途でつくられていうので、ファンデーションよりカバー力があります。

ニキビ跡や赤みが気になったらその部分だけピンポイントにのせてなじませます。綿棒にコンシーラーを取るとかなり細かい部分ものせられるので、活用してみて!

そのほか、綿棒は身近な最強美容ツールなのでこちらの記事でポテンシャルの再確認を。
耳掃除だけじゃない…! 意外と最強美容ツール “綿棒” の使い方

https://ananweb.jp/anew/146339/

https://ananweb.jp/anew/146339/

しっかりクレンジング&保湿が崩れないヒミツ

夏は、汗や皮脂をかくうえにホコリや大気汚染で目に見えなくても汚れているもの。しっかりオフしないとニキビや肌荒れの原因となり、今度はそれをカバーすることに悩まされるという悪循環になっていまうのできちんとオフしてくださいね。

クレンジング後は、シートマスクやパックで充分に保湿を。夏は暑いので「保湿することで肌がベタベタするの嫌…」という人は、使用感がひんやりする清涼感があるスキンケアアイテムやさっぱりタイプを取り入れて夏でも保湿をおろそかにしないで!

以上の3つのポイントを抑えれば、今までよりグンとベースメイクが崩れにくくなるはず。今までコンシーラーは使ったことが無い人は、これを機にトライしてみて。

バーベキューやグランピングなど気になる異性と接近するチャンスも増える夏は、サラサラベースメイクで自信をつけましょう!

Information

ライター・玉絵のツイッターとインスタグラムもチェックしてくださいね♪

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ