無料の会員登録をすると
お気に入りができます

美しくなりたいなら…“腸活”をするべき10の理由

腸が変わればカラダが変わる。美しさに磨きがかかる。心も健やかに変化する。あなたのさまざまな不調の原因には、実は腸内環境が深く関わっているのです。

美容

腸が整うとカラダにいい10の理由

「人の健康を樹木にたとえると、不調や病気は“葉”。それを引き起こす原因が“根”です。腸は根の部分に最も深く関わっている臓器といえます」(江田クリニック院長・江田証先生)

確かに、腸は、口から取り入れた食べものを消化吸収したり排泄する臓器。正しく働いてくれなければカラダに必要な栄養は摂れないし、不要なものが出せない。

「腸には、ものが入ってくると自動的に動くという“腸の法則”があります。つまり、食べなければ腸は動きません。過激なダイエットでいいかげんな食事をすることが、腸の健康を害する大きな原因となります」(東北大学大学院医学系研究科 行動医学教授・福土審先生)

さらにもうひとつ、腸の健康のカギを握るのは腸内細菌。その数、なんと100兆個以上! 腸内細菌には善玉菌、悪玉菌、日和見菌という3つのグループがあり、バランスが悪玉菌に偏れば腸内環境が悪くなり、善玉菌が優勢になれば良好に。その善玉菌を優勢にしてくれるのが食物繊維。

ところが、「日本人の食物繊維の摂取量は、少ない状態が続いています。女性の目標摂取量は1日18gですが、現実は14g程度。腸内環境を整えるためには明らかに不足しています」(文教大学健康栄養学部管理栄養学科教授・笠岡誠一先生)

腸を整えることで実は、想像以上のご利益が得られる。まずそのことを知れば、本気の腸活に取り組みたくなるはず。

1.便秘が解消され、病気になりにくくなる。

日本で初めて便秘の診断基準が発表されたのは、実は昨年のこと。それまでは、「3日以上排便がない」というのが、ざっくりした便秘の定義。新しい基準では回数ではなく、「排便困難」や「残便感」があれば便秘とみなされるように。

「便秘は大腸がんなどのリスクを高め、最近はパーキンソン病の原因ともいわれています。腸内環境を整えて腸が正常に働けば、便秘によるさまざまな病気のリスクも減らせます」(江田先生)

2.太りにくいカラダに。

腸内の善玉菌が食物繊維などのエサを食べると、短鎖脂肪酸と呼ばれる物質が作られる。

「最近の研究では、この短鎖脂肪酸が脂肪細胞にくっついて肥大化を防ぐことが分かってきました。それだけではなく、同時に自律神経の交感神経を活性化させて、代謝をアップさせると考えられています」(江田先生)

なんと、善玉菌が優勢になる腸内環境を作れば、太りにくいカラダが手に入る!

3.美肌になる。

腸内細菌は短鎖脂肪酸だけでなく、さまざまな物質を作り出す。大豆に含まれるイソフラボンが腸内で分解されると、エクオールという、女性ホルモンのエストロゲンに似た物質に。

「エクオールには皮膚のシワを浅くする働きがあります。つまり、シワが浅い人は腸内環境が良好ということ。逆に腸内環境が悪いと、悪玉菌が作り出す毒素が皮膚の細胞に働きかけ、吹き出物や皮膚病が生じることもあります」(江田先生)

4.免疫力が高まる。

腸はカラダの中で最大の免疫器官。免疫細胞の70%は腸に存在しているという。さらに、

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ