無料の会員登録をすると
お気に入りができます

仕上げはたっぷり茶葉♪「桃生茶福」大福の濃厚ミルク味にほっぺた落ちそう!

普通のお茶スイーツとはちょっぴり違う、大沼本舗の大福「桃生茶福」をお取り寄せしてみました!なんと、茶葉を大福にふりかけて食べる新感覚の和スイーツ。茶葉をたっぷりかけた大福は、いったいどのような味わいを楽しめるのでしょう。

macaroni_review

グルメ

茶葉をふりかける、ちょっぴり変わった大福

Photo by macaroni

若者から年配の方まで大人気のお茶スイーツ。和の味わいをたっぷり堪能できるのが魅力的ですよね。

素材そのものがお茶のフレーバーになっているものが多いですが、そんな常識を覆す、ちょっぴり変わったスイーツを発見しました!大沼本舗の「桃生茶福(ものうさふく)」。なんと、茶葉をそのままふりかけて食べる和スイーツなんですよ。

生地はふっくらもちもち

Photo by macaroni

こちらが「桃生茶福」。ほんのり優しい緑色の箱には、動物や葉っぱなどのイラストが描かれていてかわいらしいです。

Photo by macaroni

「桃生茶福」は、宮城県産のもち米「みやこがねもち」で生地を練り、石巻の冷涼な地域で育てた桃生茶をていねいに注いでできた大福です。

桃生茶は、日本で一番北にある茶生産地・石巻で作られることから「北限のお茶」とも呼ばれています。お茶の産地は静岡や宇治が有名ですが、宮城県でも栽培されていたとは……驚きです。

箱を開けると、個包装された大福がふたつ。

Photo by macaroni

コロンと小ぶりで食べやすそう!ひと口頬張ると、桃生茶の濃厚な風味が口の中に広がっていきます。

生地は、思わずほっぺたが落ちそうなほどふっくらもちもち。なんだか幸せな気持ちになります。

中に入っているのは、白あんと抹茶クリーム。優しい甘さとミルクのまろやかな味わいを堪能できました。

さらに茶葉をそのままパラパラ♪

Photo by macaroni

続いて、茶葉をふりかけていただきます。

そのまま食べた時よりもお茶の芳醇な風味がよりプラスされ、なんとも贅沢。

Photo by macaroni

茶葉ごと食べることがないのでどんな感じだろうと思っていましたが、渋みもなくさっぱりとした味わいです。ほのかな甘みと豊かな香りが口いっぱいに楽しめました!

濃厚な味わいをダイレクトに感じて!

Photo by macaroni

茶葉をパラパラとかけて楽しむ「桃生茶福」。香り高い桃生茶の濃厚な味わいをダイレクトに感じられるスイーツでした!

Photo by macaroni

余った茶葉は、そのまま急須で淹れてもおいしくいただけるとのこと。2通りの楽しみ方があってうれしいですね。大福と合わせて味わってみてください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ