無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ブリーチなしで鮮やか・透明感のあるカラーにする方法とは?

ヘアスタイル

ブリーチなしで透明感のあるカラーにする2つの方法

方法その1. 回数を重ねて同じ色を入れる

元の髪色が真っ黒だったり、染まりにくい髪質の場合は、ブリーチなしのヘアカラー1回で明るさや透明感を出すのは難しいかもしれません。ただ、カラーを繰り返せば次第に髪色のトーンが変わり、発色しやすくなります。元の髪色が暗め、染まりにくい人は1〜3ヶ月周期で定期的に同じカラーを入れてみてください。ただし、カラーを定期的に繰り返すので、髪のダメージ対策としてトリートメントなどのヘアケアは丁寧に行いましょう。

このスタイル画像をもっと見る

方法その2. 比較的色が出やすい暖色系カラーを試す

暖色系カラーというのは、ブラウンやオレンジ、ベージュといったカラーです。暖色系カラーは比較的発色しやすいため、ブリーチなしで明るめの髪色を楽しめます。例えば、画像の髪色はオレンジが鮮やかに発色していますが、ブリーチなしで明るめの髪色を実現できています。また、日本人の髪色は赤みがあるため、オレンジ以外にはレッド系カラーも比較的発色しやすいです。

このスタイル画像をもっと見る

ブリーチなしでも発色しやすいヘアカラー

ラベンダーベージュ

ラベンダーベージュは、ベージュカラーにちょっぴり赤みがプラスされるカラーです。髪色に赤みがあるという特徴がある日本人の髪には、ラベンダーベージュのような赤みがあるカラーはぴったり。ブリーチなしなので、思いっきり明るくなるということはありませんが、光の加減で出るほんのり赤みのある発色や透け感のさりげなさは、ブリーチなしカラーだからこそでる味です。

このスタイル画像をもっと見る

シアーベージュ

透明感のあるベージュカラーにすると、ブリーチなしでも透け感と軽やかさが加わります。ベージュカラーは、ブリーチなしで外国人風のカラーにしたい人におすすめ。また、パーソナルカラーがイエローベース春タイプの人なら、髪色が肌色や瞳の色にマッチするから、ブリーチなしでも垢抜けたように見せられます。

このスタイル画像をもっと見る

アッシュベージュ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ