無料の会員登録をすると
お気に入りができます

式場だけじゃない! 結婚に「約300万円」かかる理由

ファッション

実は、結婚には結構お金がかかることを知っていますか? 今回は、あらかじめ知っておきたい結婚にかかる費用をご紹介。結婚式にいくらかかるのか、婚約中、結婚後にすることなどをしっかり確認しておきましょう。

(1)婚約中に金銭感覚をすり合わせる

結婚式の費用ばかり気になりがちですが、結納や新婚旅行、新居の敷金・礼金に引っ越し代、家具・家電の購入費用などで約300万円は必要になります。この金額を誰が負担するのか、結婚後の家計管理など、婚約中に金銭感覚をすり合わせておくといいでしょう。

新婚旅行の行き先や、結納など地域の風習にもよりますが、いろいろな出費を考えると、ひとり200万円程度は準備できると安心です。

(2)憧れの結婚式に必要なマネーをCHECK!

挙式や披露宴の総額は平均で約340万円です。結婚式をあげる場所や人数、披露宴の内容によって異なりますが、300万円程度を目安にしておくといいでしょう。この費用は夫婦で折半するか、結婚式の出席者数に差がある場合は、その分を考慮して金額を決めている人が多いようです。

結婚式の費用は、基本的に披露宴に出席してくれる人たちのご祝儀で賄うことができます。つまり、ご祝儀で足りなかった分がふたりで支払う費用となります。

結婚式にかかるお金の目安を計算してみよう!

実際にいくらかかるのか、下の計算式で目安の金額を確認できます。

fashionbox.tkj.jp

結婚式をどこであげるかによって予算は大きく異なります。たとえばホテルや専門式場の場合は約300万円。安くあげられるのは神社仏閣で、約10万円です。

fashionbox.tkj.jp

(3)結婚したら保険の見直しを!

医療費が比較的高くなりがちながんに備えるため、夫婦で「がん保険」を検討してみましょう。もし夫が生命保険に加入していたら、保険金の受取人を親から自分に変更する手続きを忘れずにしてください。

(4)新居の選び方と引っ越し費用

とりあえずは賃貸を選んで。自治体によって子育て支援の状況が異なるので、いろいろ調べて子育てに手厚い地域や環境などを考慮してから、住宅の購入場所を決めましょう。引っ越し費用はふたり分かかることを忘れずに。

引っ越し費用を安く抑えるテクニック

・オフシーズンを狙う

費用が安い4月中旬から7月、9月中旬から年末に。結婚式が春なら、前もって引っ越しを済ませておくことも検討して。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ