無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ひとり暮らしOLの家計やりくりポイントは? 食費6.5万円を減らすコツ[FP監修]

節約・マネー

目次

みんなのリアル家計簿、チェック!/ひとり暮らし

世の中が一変した2020年。いつ何が起きてもおかしくない今、貯金は必須となりました。わかっていても、ひとり暮らしは何かとお金がかかりがち。ひとり暮らしのお金の使い方をマネーのプロである丸山晴美先生がチェックします!

『steady.』最新号を購入する!

ひとり暮らし:絵梨奈さん(仮名)会社員・30歳

絵梨奈さん(仮名)会社員・30歳

【PROFILE】
教育関連勤務。コロナ禍は仕事がバタバタして疲れることが多く、外食が増えたのが悩み。最近は、洋服やメイクアイテムより、スキンケアやサプリメントにお金を使う傾向に。住民税対策で始めたふるさと納税にもハマっている。

絵梨奈さん(仮名)の1カ月の収支

手取り月収 22万円(基本給13万円+発揮能力給9万円)/支出 165,000円くらい

<支出の内訳>
家賃……¥73,930(住宅手当約¥40,000あり)
光熱費……¥3,619
食費……¥65,426
美容代……¥12,998
交際費……¥7,320
交通費……¥1,700
雑誌代……¥500
※余ったら貯金へ

「毎月決まった額を貯金していないけれど、一定の金額が貯まったら別の口座に移して、ひとつの口座に集中しないようにしています。最近は転職活動で交通費がかさみます。NISAやiDeCo、不景気の今でも始めるべき?」

<やりくりポイント>

「ふるさと納税を始めました。お弁当用に冷凍食品、気になっていた牛フレークやバターも! QOL(クオリティ・オブ・ライフ)が上がったような気がします」

「モニターなどを活用して、商品サンプルを無料で提供してもらうことも。シャンプーやスキンケアアイテムなどをGETしています」

評価:よくできました

★★★★☆

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ