無料の会員登録をすると
お気に入りができます

米倉涼子「自信が無い…」 根暗だった少女時代とネガティブな性格を告白

エンタメ

9年半もの間、放送された『サワコの朝』 (TBS系)が、27日で幕を下ろしました。最終回となる今回は、女優の米倉涼子さんが登場。

米倉涼子

「常に自信が無い」というネガティブな性格や、仕事への思いなどを語り、話題を呼んでいます。

■米倉さんの魅力にメロメロな阿川さん

番組の司会であるエッセイストの阿川佐和子さんは、米倉さんを前に「しばらく見ないうちに大人になっちゃって…」と感慨深げな様子。

2人の初めての出会いは、紅白歌合戦で審査員をした時だったそう。阿川さんは「プラカードを持ったお姉さんにぶつかって、私が舞台から落ちそうになった時に、米倉さんが『大丈夫ですか!』ってガッと後ろから支えてくれた」と米倉さんの男前エピソードを披露。

「なんて素敵な人!って思った。惚れたの」と告白しました。

■内向的だった少女時代

少女時代の性格は根暗で、前に出るタイプではなかったという米倉さん。そんな性格を直すため、24歳ぐらいの頃に「思ったことは口にする」と決意し、自分から人に挨拶に行くようになったそうです。

米倉さんは「それからは生きていくのが楽になった」と当時を振り返りました。

■意外過ぎるネガティブな性格

視聴率女王と称され、ブロードウェイミュージカルでも主演を務めるなど、女優として絶好調の米倉さんですが、輝かしいキャリアを持っても「常に自分に自信が持てない」と感じていることを明かします。

阿川さんは「ブロードウェイで鍛えられたのに、何でまだ自信が無いの?」と不思議そうに質問を投げかけますが、米倉さんは「自分のスキルの問題は、ポテンシャルとは違うんですよね…」と苦笑。「1回学校とかに通った方が良いんですかね?」と真剣な表情を浮かべました。

米倉さんの言葉には「米倉さんカッコイイ!」「強く見える人ほど、いろんな感情と戦ってるんだ…」「強く見られる人ほど、本当の自分の姿を見せられなくなるってあるよね…」などのコメントが続々と寄せられていました。

明るくポジティブな印象のある米倉さんですが、そのイメージと本来の姿で葛藤している部分があるのかもしれません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ