無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夫にしたら確実苦労する… 結婚相手にしてはいけない男性の特徴

恋愛・結婚

結婚願望が強い女性の中には結婚を急ぐあまり、相手のどえらい欠点をも見過ごしてしまい、結婚後に後悔をする人もチラホラ…。

そこでfumumu取材班は、結婚相手にしてはいけない男性の特徴などを聞いてみました。結婚に急いでいても、こんな人はやめたほうがいいかも。

■見下したり人格否定する男

「彼女に対してもそうだし、利害関係のない第三者に対してもそう。見下したり、平気で人格を否定するような発言をする男にロクなのはいない。仮に今彼女に優しくても、結婚をして関係が落ち着けば、第三者にとっていたようなひどい態度になる。
店員さんとかにもそうだけど、テレビに出ている芸能人に対し、どんなひどい言葉を使うかもみた方がいいよ。別に犯罪を犯したわけでもない普通の芸能人に対し、何かが気にくわないってだけで『この人ホントくだらないよね。生きる価値ないわ』とか『この女、生意気でムカつく』など、ひどい言葉を言うようなら彼の人間性に問題が」(30代・女性)

■気遣いや共有・協力を知らない男

「知人女性の旦那が控えめに言ってもクソ。食器を洗っている時に雨が降ってきても洗濯物を取り込まずゲームに夢中になっている。『取り込んで』と言っても『今手が離せない』とゲームを優先するような男。
こういう人って完全に、独身ひとり暮らし向きだよね。その知人女性曰く、交際中に相手から思いやりや気遣い、共有・協力をあまり感じられないのなら、結婚はやめた方がいいと」(30代・女性)

■自己コントロールできない男

「お金や時間にルーズすぎる男。いい歳こいて自立できておらず母親のいいなりな男。感情をセーブできない男。理性が弱くその場の雰囲気で浮気をする男。酒癖が悪い男……などなど、自己コントロールができない男、なんならお金や酒、母親や感情にコントロールされちゃっているような男はやめたほうがいい。
オトナになりきれていない人と結婚をすると、大抵痛い目みるから」(20代・女性)

彼のスペックに惚れて結婚を考える人もいるでしょう。確かに、結婚において条件も大事。けれど、世の中結婚に向いていない男性もいるんです。

結婚をして徐々に適応していく人もいますが、結構稀…。特に、歳を重ねるごとに多くの人は柔軟性がなくなります。

当てはまる人と結婚したら、確実に苦労をするし、結婚をしたことを後悔するかも…。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ