無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「スマホ決済貧乏」に注意!上手な使い方とは?

節約・マネー

今回のお悩み「キャッシュレスってどこまで取り入れるべき?」

スマホ決済を取り入れてみたら、便利で感動! ポイント運用などにも関心が湧いてきて、キャッシュレス化を進めたくなってきました。ただ、現金派の友達と割り勘する時などはちょっと面倒……。いざという時に心配だし、完全キャッシュレス化にはなかなか踏み切れていません。結局のところ、何をキャッシュレス決済にして、何を現金払いにしたらお得かつ便利なんでしょうか?

便利なキャッシュレス。「どれだけ使っているか」は把握したいところ

クレジットカードをはじめ、電子マネーなど便利な決済方法が近年多く登場していますよね。今や何かしらのキャッシュレス決済を使っている方が大多数なのではないでしょうか。私自身も、生活のほとんどでキャッシュレス決済を利用しています。

そんなキャッシュレス決済の1番のメリットは、ポイント付与やキャッシュバックがあること。戻ってきたポイントを使ってお得にお買い物ができるので、出費を抑えられるところが利点としてあると思います。

対して、お財布の中からお金を出す感覚や、お金が減っていくという感覚があまり無いので、必要以上に使いすぎてしまうというデメリットもあるのが事実。

例えば買い物をする際、現金決済の時はお財布に数千円しか入っていなかったら「今日はやめておこう」と考えたところでも、キャッシュレス化が進んだ今は手元に現金がなくても気軽に購入できるようになったので、思った以上にお金を使ってしまうのです。

後から出費額を見て「こんなに使ったっけ……?」と頭を抱えてしまいかねません。

お金の管理ができてからキャッシュレス決済の活用を!

そもそも、キャッシュレス化を進める前に、お金の管理ができている状態にしておくことが大切。

“管理できている”とは、費目ごとに変動はありつつも、決まった予算内に毎月収まっている状態です。この管理能力が身に付いていない状態で、ポイント還元という魅力に釣られてキャッシュレス化を進めてしまうと、出費のコントロールができなくなってしまいます。

クレジットカードよりも小さな額から気軽に使ってしまう電子マネーは、いわゆる「塵も積もれば山となる」状態を引き起こしてしまうので、より注意が必要です。

キャッシュレス決済を上手に使うコツは「上限設定」

キャッシュレス決済を上手に使うには、「上限を決めておくこと」がポイント。

どの支払いをキャッシュレス決済にするかは、それぞれの生活に合わせて決めるのが1番です。支出の管理ができている状態であれば、それぞれのサービスにあわせて使い分けていくことで、キャッシュバックやポイント付与をより多くもらうことでお得になるでしょう。

使いすぎてしまうのが心配だという人は、キャッシュレスの上限を決めて、その範囲の中でメリットを享受していきましょう!

上限を決める前に「出費を知ること」から始めよう

では、どのように上限を設定すべきか。そのためには、まずは出費の洗い出しが必須です! 自分がどんな項目で、どれくらいキャッシュレス決済を使っているかを知ることから始めましょう。

節約をしたいのであれば、洗い出したうえで「先月の9割の予算を目指してみよう」「8割に抑えてみよう」と目標を立てるのがおすすめ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ