無料の会員登録をすると
お気に入りができます

マイナス5歳見え!が叶う40代の春コーデ5つのコツ

ファッション

「マイナス5歳見え」が叶う5つのコツを春コーデに取り入れて

生き生きとした印象がポイント! マイナス5歳見えコーデのコツは

ファッションは、洋服の選び方やコーディネートによって「なりたい姿に近づける」のも魅力のひとつですよね。「頑張って若作りしたいわけではないけれど、できれば少し若く見えたら嬉しいな」と感じるのも自然なことですし、そう考えている40代の女性も多いのではないでしょうか。それには「生き生きと健康的で、明るく見える」のが近道です。今回はそんな印象を作る、大人の春コーデの5つのコツについてご紹介します。

1. 明るく元気に見える顔映りのいい色のトップスを

着るだけで顔が華やいで見えるような、着映えトップスを持っておくと便利です 出典:WEAR

ぱっと見た時に目に入るトップスは、コーディネートの中でも重要。特にオンラインなど座った状態で人と会う場合は上半身しか見えないことも多いので、トップスの影響は大きいですよね。

通常、トップスを選ぶ時はついついどんなボトムスにもあう、着まわしのきくものを選びがち。ですが、40代ともなるとベーシックな色のトップスは一通り持っている、またはいつも似た色を買ってしまい変わり映えがない、という人も。

ここでおすすめしたいのは40代の今の自分の顔が、明るく生き生きとして見える顔映りのいい色のトップスを揃えること。年齢を重ねて肌の色にも少し変化があったり、昔は着なかった色が気付けば似合うようになっていた、というケースもあるので、一度試着して確認してみると、新たな発見があるかもしれません。

顔映りのいい色のトップスを着ていると、自然に明るく見えますし、それにあわせてボトムスも更新するなど今の自分に似合うスタイルにアップデートしていけるので、ぜひトライしてみてくださいね。

2. コーデにメリハリを付けてアクティブな雰囲気に

カジュアルなボーダーもきれい色パンツではつらつとした印象に 出典:WEAR

40代になると、体のラインがあまり出ない上下ともにゆったりしたサイズや、ルーズなシルエットが落ち着く、という声も。これらのコーデは締め付けがなく、着ていて楽チンというメリットはありますが、コーデの輪郭があいまいなため、あまり活発なイメージや生き生きとした雰囲気には見えにくいというデメリットも。

やはりコーディネートにはある程度のメリハリがあったほうが、スタイルがよく、アクティブな印象に見えます。例えばルーズなトップスなら下半身はセンタープレスのきれいめパンツ、コンパクトなトップスならロングスカートやワイドパンツ、など「太い&細い」のメリハリを意識して。また、簡単にメリハリをつけてくれる首、手首、足首の「三首見せ」を取り入れるだけでも、颯爽とした雰囲気に見せてくれます。

3. 渋い色で固めすぎず、時にはきれい色の力を借りて季節感を

春の雰囲気にも映えるきれい色をぜひ積極的に取り入れて 出典:WEAR

「人の第一印象は数秒で決まる」という説もあるように、細部までまじまじと見てからではなく、ぱっと見た時の印象で判断されることも多いです。そのため、春めいて明るい雰囲気の今のシーズンに、全身が黒、紺、グレーなど重く渋い色合いばかりだと、暗い色合いが目立って季節感がちぐはぐに見えたり、なんとなく暗い色合いの人、と記憶されてしまうことも。

明るく生き生きとした印象に見せるには、白を多くプラスしたり、素材やバランスに気を付けたり、メイクで工夫することが必要になり、難易度の高いコーディネートでもあります。

しかし、春にはくすみ系パステルカラーをはじめ、春ならではのきれい色をどこかに着ているだけで、雰囲気も明るく見える効果が。夏はビビッドなカラー、秋は落ち着いたイエロー、オレンジ、グリーンなどのアースカラー系、冬は温もりのある色合い、など、色によって季節感も取り入れられるので、それを意識しているとおしゃれ度もアップします。

もし、洋服はベーシックカラーがほとんど、という人はスカーフやバッグなど小物で取り入れてもOK。少し色がプラスされるだけでも違うので、試してみてくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ