無料の会員登録をすると
お気に入りができます

誰にも相談できない… 仕事でありがちな悩みと対処法

ライフスタイル

(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

就職・転職・異動の多い新年度は、同僚や上司とコミュニケーション不足になりがち。仕事のことで、余計に悩んでしまうことも多いでしょう。

そこで、fumumu取材班が、仕事でありがちな悩みと対処法について、経験者たちに詳しい話を聞きました。

①完璧を求めて追い込んでしまう

「完璧の基準は人によります。自分では不十分だと思っていることでも、相手からしたら十分過ぎることも。
私は、条件さえ満せば仕事完了ということにしています。条件を明確にすれば必要以上に追い込むことがなくなり、楽になりますよ」(20代・女性)

②周囲に助けを求められない

「『相手に悪い』と考え、周囲に助けを求められない人は少なくないと思います。しかし、逆の立場で考えてみると、『迷惑だな』と思うよりも『頼りにされてうれしい』と感じること、ありませんか?
もし、『頼りにされてうれしい』と感じるなら、相手も同じはず。遠慮なく、助けを求めていいと思います」(20代・女性)

③相手の気持ちを考えすぎる

「相手の気持ちを考えすぎる人は、全て『自分の妄想』と考えた方がいいかもしれません。
面と向かって言われていること以外、どう思っているのかなんて本人以外に分からないので」(20代・女性)

④ONとOFFは別けたい

「コミュニケーションのつもりでプライベートな質問をしてくる同僚は少なくありません。でも、答えなくても仕事に支障がないなら答えなくてOKです。
それでもしつこく質問してくるようなら、『ONとOFFは別けている』と断言してしまうのも手。このご時世、個人情報を聞いてくる方がマナー違反なので、断ることを気に病むことはないですよ」(20代・女性)

⑤ライバル心を抱かれてしまう

「同期にライバル心を抱かれてしまった場合は、『相手にしない』が正解。相手は『あなたに負けている』と思っているので、張り合わずにスルーした方がいいです。
挑戦を受けて立つような態度を取ると、相手の闘争心に余計に火を付けてしまう可能性も。相手にしなければ張り合いがなくなるので、そのうち大人しくなりますよ」(20代・女性)

仕事の悩みを抱えている人は、参考にしてみてもいいかもしれません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ