無料の会員登録をすると
お気に入りができます

愛され女子が注目する♡ミルクティーアッシュって?ブリーチなしでもOK[暗め・明るめ]色落ち対策も紹介!

ヘアスタイル

ミルクティーアッシュって?

ミルクティーアッシュとは?

ミルクティーアッシュの特徴は、簡単にいうとくすみがかったブラウン。アッシュは赤みを打ち消す効果があるため、ミルクティーカラーと合わせると赤みを抑えて綺麗に発色します。また、アッシュは寒色系の色味なのでミルクティーカラーをくすみのある発色にして、大人っぽく落ち着いた雰囲気を生み出してくれるのです。

このスタイル画像をもっと見る

何が違うの?それとも同じ?

・ミルクティーアッシュグレー:灰色感強く出る
・ミルクティーベージュ:ベージュ感強く出る
・ミルクティーグレージュ:柔らかく淡い灰色感が出る
ミルクティーアッシュと特に似ているのが、ミルクティーアッシュグレーとミルクティーグレージュ。ミルクティーアッシュグレーはグレーをミックスすることで灰色のくすみ感がより強く出ます。ミルクティーグレージュもくすみはあるのですが、ベージュがミックスされるためアッシュとアッシュグレーよりもくすみが柔らかく、比較的淡い発色になるのです。
クールに仕上げたいなら灰色感強めのアッシュグレー、女性らしく可愛い雰囲気が好みならグレージュ、透け感を強調させたいならアッシュと考えてみると良いかもしれません。

このスタイル画像をもっと見る

ミルクティーアッシュの魅力

透け感が強い

アッシュカラーの最大の特徴は透明感を出しやすいこと。ミルクティーカラーは元々はこっくり濃厚な質感がありますが、アッシュが混ざることで透け感がプラスされ、ツヤと透明感のある発色に仕上がるのです!カラー後はパサつきやすい髪も、ミルクティーのツヤとアッシュの透明感でダメージレスに見せることができます。

このスタイル画像をもっと見る

カラー配合によって雰囲気を変えられる

ミルクティーアッシュはくすんだブラウンのような発色もあれば、アッシュ強めで寒色系に発色するものもあります。元々の髪色やカラーリング履歴、カラー剤の配合によって違うのですが、なりたい雰囲気に合わせて色を調節してもらえばどんなテイストにも合わせられるのです!クール、大人、外国人風にしたい人や、寒色系が似合うブルーベースの人は画像のようなアッシュ強めの暗めミルクティーアッシュがおすすめ。

このスタイル画像をもっと見る
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ