無料の会員登録をすると
お気に入りができます

垢抜けたいならラフ感が必要♡元美容部員が教える今っぽ時短メイク

メイク

・形を作りすぎない

下の写真のようなブラシとパウダーを使うとふんわり仕上がりますよ。

画像左:Excelスタイリング パウダーアイブロウ 1,430円(税込)
画像右:アディクション アイブロウ ブラシ 3,850円(税込)

穴が空いたように毛のない部分はパウダーでは埋められないこともあるので、ペンシルやリキッドアイブロウで毛を一本一本描くように埋めていきます。

3.アイメイクは抜きすぎず頑張りすぎずに垢抜け感を出す

アイメイクも眉メイク同様で濃くせず、ナチュラルに仕上げるのがポイントです。ラメ感はあまりないもの、マットすぎず程よい大きさのアイシャドウが良いですよ。

肌なじみの良いベースカラーに濃すぎないアクセントカラーが配色されているパレットがおすすめです。

UR GLAM LUXE 4色アイシャドウ04ベージュ 550円(税込)

せっかくベースメイクでラフ感を出したので、アイメイクも肌なじみの良いものを選びます。あまり淡すぎても「あれ?メイクしている?」となるので濃すぎず・ラメがキツすぎないものにします。

マットでも良いですが、パールが入ったものだと瞬きをした時にツヤが出て、目元に立体感を感じることができます。

パレットには4色入っていますが、全部組み合わせなくても大丈夫です。時短したい場合は2色のみ・もしくは単色使いでも良いですよ!

アイライナーを引く場合はまつ毛を埋めるようにだけ引き、マスカラは軽く・重くならないようにします。

ここでアイラインが太すぎたりマスカラがダマになっていたりするとラフ感がなくなってします。

最後に軽くチークを入れ、リップは淡い色やグロスでツヤ感を出す程度でOK!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ