無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[季節のリース]華やかな色使いが魅力「カーネーションとバラのリース」の作り方

インテリア

カーネーションとバラのリースの作り方

日比谷花壇 シニアデザイナーの西澤さんにおしえていただきます。

西澤真実子さん

ギフト商品の部門でデザインのコアを担う、トップデザイナー。シンプルかつ花材の繊細な色合いにこだわったデザインを得意とし、女性的で透明感のある作風が特徴。

Instagramはこちら
プロフィール詳細はこちら

「母の日」という印象が強いカーネーション。赤やピンクを思い浮かべる方も多いと思いますが、アンティークカラーやバイカラー、しぼり模様が入ったような品種の人気も高まっています。丈夫で長持ちするところもうれしいポイントです。
今回はそんなカーネーションにバラを合わせたフレッシュで華やかなリースを作ります。

カーネーションは、黄色みがかったグリーンに紫色のすじ模様が入った「レディシーン」を使用します。コロンとした花がかわいいスプレーバラ「ラディッシュ」に加えて、黄色のスカビオサも合わせて、初夏を感じる爽やかな彩りに仕上げましょう。

必要な材料と道具

右から順に、
・カーネーション「レディーシーン」 7本
・スプレーバラ 「ラディッシュ」1~2本
・スカビオサ(黄色) 3本
・トキワイチゴ 3本
・リース型バスケット 1個
・吸水スポンジ
・ラフィアなど(ハンギング用です。お好みの長さでご用意ください)
・花ばさみ

STEP1 吸水性スポンジをセットする

大きめのボールなどにたっぷりと水を張り、リース型バスケットのサイズに合わせて、カットした吸水性スポンジをそっと浮かべて水を吸わせます。
上から水をかけたり、無理やり水の中に沈めようとすると水を吸いにくくなるので注意しましょう。

水を吸わせた吸水性スポンジをバスケットに並べます。バスケットのふちの高さと同じくらいになるように調整してください。

STEP2 カーネーションを配置する

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ