無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ふわふわもっちり♡1日400本売り上げる驚きの絶品食パンに注目

最近人気の高級食パン。この夏、東京・二子玉川にも注目の新店舗が登場しました。その名も「高級食パン専門店 あずき」。名前のとおり、こだわりのあずきを使い、新しくもどこか懐かしい味わいの食パンを販売しています。1日に400本売り上げるという大人気のお店を今すぐチェックしてください。

グルメ

リピーター続出。小豆を使った新しい食パン

二子玉川駅から徒歩2分の場所にある、この夏にオープンしたばかりの「高級食パン専門店 あずき」。1日に400本の食パンが売れるほど大人気で、リピーターも続出しています。

販売されているのは、シンプルな「SHIRO食パン」と、小豆を使った「AZUKI食パン」の2種類です。注目したいのは、店名からも伝わる看板商品のAZUKI食パン。一口食べれば口の中に広がる小豆の風味と、噛むほどに感じられるやさしい甘み、もっちりとした食感が特徴です。

昔から赤飯や和菓子にも用いられ、人々の間で慣れ親しまれてきた小豆の風味を存分に楽しめる食パンは、新しいのにどこか懐かしい味わい。

小豆が引き立つ、こだわり抜かれた生地

主役の小豆は、収穫量が少なく稀少といわれる小粒の北海道産小豆を100%使用するこだわりよう。同時に注目してほしいのは、その小豆の味を最大限に引き出そうと開発されたパン生地です。
2年半という歳月をかけ、100回以上の試作を繰り返して辿り着いたという配合と製法で作られています。
生地と小豆の相性を追求した独自ブレンドの小麦粉が使われ、柔らかさを出すためのヨーグルトや、上品なコクともっちり食感につながるマスカルポーネなど意外な素材も使用。
生地を焼く前日には、小麦に大量の熱湯を加えて丁寧に練りあげ、じっくり一晩寝かせているそう。それにより、小麦粉本来の甘さやもっちり感をもつパンが焼き上がるのです。

おいしい食べ方でみんな笑顔に

AZUKI食パンのおすすめの食べ方もマスターしておきましょう。
購入した当日は、焼き立てならではの風味や柔らかさをそのまま生で味わってください。2日めは、軽くトーストし、カリッとした表面と中のもっちり食感を楽しみましょう。3日め以降は冷凍保存しておけば、できたてに近い風味を保つことができますよ。

日本人にとって馴染みの深い小豆の風味を楽しめる、特別な食パンを味わいに、ぜひお店まで足を運んでみてくださいね。

photo / 高級食パン専門店 あずき

高級食パン専門店 あずき
東京都世田谷区玉川3-9-3 ストリーム タマガワ1階B号室

https://www.shokupan-azuki.jp/
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ