無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[眠れない夜の裏ワザ]スッと気持ちよく眠りにつける効果的なツボ&ストレッチは

ライフスタイル

眠いのに眠れないのはなぜ?

眠いのに眠れないのはどうしてでしょうか?考えられることは多々あります。寝室の環境や、手足の冷えなど、ある程度自分でコントロールできる場合は、改善しやすいかもしれませんが、自分でコントロールできないこともありますよね。例えば、神経が高ぶっていて眠れないなど、自律神経のバランスが乱れてしまうと、簡単には改善できないことも…。喜怒哀楽の感情や、どうしても気になることがあって頭から離れないなど、布団をかぶっても目がギンギンに冴えてしまうことは、誰にでも起り得るのです。

自律神経のバランスを整えて快眠に導くツボ

東洋医学では、体の中には目に見えないエネルギ―(気)の通り道があり、そこには数々のツボが存在していると考えられています。そしてツボは、自分でコントロールできない自律神経による不調の改善にも効果的!今回おすすめしたいツボは、小指の下のくぼんだところ、手首の内側にある「神門(しんもん)」です。緊張が納まらない時、心配事で不安が手放せない時など、精神的な面でも効果のあるツボとして知られています。このツボを刺激することで、気持ちが穏やかに…。高ぶった神経のバランスを整え、快眠へと導いてくれますよ。

手首の内側、小指の下にあるツボ「神門」

「神門」のツボを楽に刺激する方法

通常は指でツボを押して刺激しますが、正しい位置や力加減などに不安がある時には、他の方法でもっと楽に刺激を与えることができますよ!今回は、ストレッチで「神門I」を刺激するやり方を2つ紹介しましょう。

やり方1(片手バージョン)

「神門」を刺激する手首のストレッチ(片手バージョン)

1.手のひらを上にして、片方の腕を前に伸ばす。

2.反対の手で伸ばした手の指先を掴み、自分の方へ引き寄せる。

3.肘はゆるめても伸ばしてもいいので、手首のストレッチと共に片手ずつ「神門」を刺激する。

やり方2(両手バージョン)

「神門」を刺激するストレッチ(両手バージョン)

1.両手を組んで手の平を返し、天井方向へ。

2.少しずつ肘を伸ばして頭上でキープし、手首のストレッチと共に両手首の「神門」を刺激する。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ