無料の会員登録をすると
お気に入りができます

枕は天日干しダメ…!? 意外とやりがち「寝具のNGお手入れ方法」

インテリア

シーツ&枕カバーのNGお手入れ方法

まずはシーツと枕カバーから。ありがちNGは?

×洗濯は1か月に1回程度

担当Oさん 人は寝ている間コップ1杯程度の汗をかくといわれています。寝具はその寝汗を毎晩吸収しているのです。ダニや雑菌の繁殖を防ぐためにも定期的に洗濯するのをおすすめします。シーツは週に1度程度の洗濯が良いといわれています。洗濯による繊維の傷みや手間を考えても、この程度が良いでしょう。週1の洗濯を想定すると2枚くらいストックがあるといいですね。綿のシンプルなものはお手頃価格で購入できます。干すときは、布が重ならないようにすると、早く乾きますよ。

枕カバーは、寝具の中でも頭部・顔に直接触れることから、毎日洗濯することが理想です。頭部は体の中でも汗の量が多い部位。また、顔に近いことで、呼吸・皮脂・唾液などにより、汚れやすくなっています。お手持ちのカバーが少ない場合は、タオルをカバー代わりにしても。そうすれば臆することなく毎日清潔な枕で眠ることができます。

掛布団カバーのNGお手入れ方法

続いては、掛布団カバーについて。

×汚れてないから、洗濯は年1回のみ!

担当Oさん 掛け布団カバーの洗濯は週1回から2週に1回程度行うのが理想的です。掛け布団カバーは、シーツや枕カバーに比べると汚れにくい寝具ですが、それでもたくさんの汗や皮脂を吸収しています。また、掛け布団から出るホコリをため込んでいることがあります。シーツや枕カバーと同じように定期的に洗濯するのがおすすめ。洗濯前に付着しているホコリやゴミを除去するのが洗濯のコツです。どうしても面倒であれば毎日消臭除菌スプレーをかけてください。

枕のNGお手入れ方法

では、枕はどうなのでしょうか? NGお手入れ方法をチェック!

×枕は洗わないしベッドに置きっぱなし

担当Oさん 枕は素材によって洗えるものと洗えないものがあります。洗えるものについても、洗濯機で洗えるのもあるし、手洗いのものもあります。乾かす時間がかかるので、多忙な人には、洗うよりこまめに干すのが現実的でしょう。ですが、ただ干すだけでは傷んでしまう場合も。天日干し、陰干し、それぞれに適した素材があるので最低限それだけはチェックしましょう。

天日干しがいい素材

・ポリエステルわた
・パイプ・コルマ・ミニボール
・そばがら

天日干しのやり方

担当Oさん ポリエステルわたとパイプ・コルマ・ミニボールは直射日光に当てても傷みにくいので天日干しが良いでしょう。干す際には軽く枕を叩いてホコリを落とす、または掃除機でホコリを吸い取るとよりよいです。そばがらは虫がつきやすい素材なので、できるだけ毎日天日干しをしましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ