無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ラベンダーグレージュでふんわり♡ [ブリーチあり・なし別] 色落ち対策も

ヘアスタイル

2. 【トーン別】ラベンダーグレージュ〜選

トーンで選ぶラベンダーグレージュ

ラベンダーグレージュの明るさを見るときは、ブリーチありなしと合わせてトーンもチェックしてみましょう。
ヘアカラーのトーンは数字で表され、数字が大きいほど明るい色になります。
例えば8トーンと9トーンのラベンダーグレージュなら、9トーンのほうが明るめ。7、8トーンあたりは暗めラベンダーグレージュ、9トーンからほんのり明るくなります。

このスタイル画像をもっと見る

ブリーチあり×明るめラベンダーグレージュ

ラベンダー感強め、ブリーチありのラベンダーグレージュ。元の髪色や配合カラーによりますが、とことんラベンダー感を出したいならブリーチありが断然おすすめ。グレージュのくすみとまろやかな発色で寒色系カラーのラベンダーもソフトな雰囲気に。

このスタイル画像をもっと見る

ブリーチなし×明るめラベンダーグレージュ

元の髪色が明るい場合は、ブリーチなしでも透明感抜群のラベンダーグレージュに。ブリーチなしだからこそ、明るくなりすぎないナチュラルな暗髪になります。就活中やオフィスでヘアカラーが厳しく制限されている人におすすめ!

このスタイル画像をもっと見る

ブリーチなし×暗めラベンダーグレージュ

ブリーチなしラベンダーグレージュのメリットは、髪のダメージを抑えられるから仕上がりがつるんとなめらかになること。髪の表面がなめらかに仕上がり、ラベンダーグレージュの持つツヤが引き立ちます。

このスタイル画像をもっと見る

3. 【レングス別】ラベンダーグレージュ長さ別カタログ

ショートボブ×ラベンダーグレージュ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ