無料の会員登録をすると
お気に入りができます

顔の骨格別でわかる♡あなたに似合うまとめヘアアレンジはコレ!

ヘアスタイル

似合うヘアは骨格が決め手!

「このスタイルが素敵!」と思って、憧れのモデルさんや雑誌のヘアスタイルを真似してみるけれど、どうもしっくりこない...なんて経験はありますよね。

もちろん、髪質や毛量に左右される部分もありますが、似合う似合わないの決め手となるのは「骨格」、つまり顔の形なんです。似合うヘアスタイルを見つけるためには、まず、自分の骨格を知ることが大切!

そこで今回、骨格別に似合うスタイルを検証してみたいと思います。骨格の見極め方もご紹介するので、ぜひチェックしてみてくださいね。

自分の骨格を知ろう

正面から見て、縦と横の長さがほぼ同じで顎が丸い人は「丸顔」さん、横幅よりも縦の方が長い人は「面長」さんになります。頬よりもハチの幅が広い人は「ハチ張り」さんに分類されますよ。

他にも「卵型」「三角顔」「四角顔」などに分類することができますが、今回は「丸顔」「面長」「ハチ張り」の3つに分類してご紹介します。「卵型」さんは「面長」、「三角顔」さんは「ハチ張り」、「四角顔」さんは「丸顔」を参考にしてみてくださいね。

丸顔さんへ

縦長シルエットを目指そう

hair.cm

顔の中で頬のラインが一番目立つ丸型さん。この部分にボリュームがでるヘアスタイルはNGです。シルエットが、縦に長く見えるようなスタイリングを目指します。ボリュームを出すなら耳より上がオススメです。

asuka_wakita

トップにレイヤーをたっぷり入れて高さを出したり、前髪をアシンメトリーにしてみたり。ショートなら襟足をピョンとハネさせることで丸顔をカムフラージュできますよ。ロングなら顔から離れた毛先にボリュームを出すと良いですね。

asuka_wakita

おだんごは、高さを強調できる頭のてっぺんで作るのがベスト。ヘアアクセで視線を上に誘導するのも手。前髪や後れ毛も出して縦のラインを強調しましょう。ハーフアップのおだんごも、縦長効果があるのでオススメです。

のっぺりとしがちなひとつ結びは、耳の高さで束ねると美シルエットになります。ほぐしはゴムの周りを中心に、後頭部をグイッと持ち上げるイメージで高さを出します。前髪の分け目を変えると、立ち上がりが出て縦長シルエットも叶います。

記事に関するお問い合わせ