無料の会員登録をすると
お気に入りができます

生まれ年別に分かる![2021年下半期の金運]「一番お金に愛されている」のは誰?

占い

恋愛運や仕事運など様々な運気がありますが、そのなかでも生活に直結しやすいのは金運かもしれませんね。なんだかんだいってお金があるとテンションは上がるもの。そこで今回は、生まれ年に紐づく干支別に「2021年下半期の金運」をランキング形式でご紹介します。12位から1位まで順に見ていきましょう。

12位 ひつじ年生まれ

1つ1つはそれほど痛くないものの、小さな出費を積み重ねていくうちにいつの間にか結構な金額を使ってしまうことになりそう。

この下半期は「塵も積もれば山となる」を意識して、小さな節約を重ねていくのがよいでしょう。大きな臨時収入を期待するのではなく、小さな出費を抑えることに力を注ぐ必要がありそうです。

11位 いぬ年生まれ

頑張りが収入に反映されなかったり、コスパの悪い買い物をしてしまうなど収入面でも出費面でも割に合わないことが多くなってしまうかもしれません。

そうならないためにも、多くのものに手を出さずに質素な生活をすることを心がけた方がよいでしょう。目の前のものに向き合う丁寧な暮らしが大切となりそうです。

10位 うさぎ年生まれ

予想外のトラブルによる細かな出費が重なりそう。困ったことではありますが、必要な出費は出し惜しみしないことが重要です。

この時期に生じる出費を必要経費と割りきって惜しまずに払うようにすれば、2年後に大きなリターンがあるでしょう。

9位 ねずみ年生まれ

いろいろと欲しいものや必要なものが出てきやすい時期ですが、「安物買いの銭失い」にならないように注意しましょう。

例えば、在宅勤務時はハンディファンや卓上扇風機を使う人もいるかもしれませんが、安すぎるとすぐに壊れたり音がうるさいなどで使わなくなる可能性も。本当に必要なものはしっかりと使えるものを選ぶことが大切です。

8位 へび年生まれ

この下半期は、経済的なことよりも自分自身の気持ちを高めることに向いている時期といえます。

金運に関するネガティブな暗示があるわけではありませんが、よいことがあるともいえないかも。お金以外のことに気を向けて過ごした方がよい時期といえるでしょう。

7位 うま年生まれ

自分の好きなことに集中して、それを磨くことで金銭的なメリットを得られる可能性も。

すぐには大きな収入にならないかもしれませんが、趣味の延長でお金を稼ぐことに興味があるのなら挑戦する価値がありそう。好きなことをさらに深掘りして、その道の専門家を目指してみては?

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ