無料の会員登録をすると
お気に入りができます

やってたらダサ見えかも…!プロが絶対やらない6つの「時代遅れなNGアイメイク」

メイク

メイク講師のAyanaです。メイクレッスンに来るお客様で「10代からメイクをアップデート出来ていない」という方、実はとても多いんです!メイクにもトレンドがあります。「メイクをアップデート出来ていないかも…」という方はぜひチェックしてみて下さい!

アイシャドウ編

①二重幅を暗い色で塗りつぶす

二重さんが二重幅を暗い色で塗りつぶしてしまうと、逆に目が小さく見えてしまいます。

最近では、敢えて暗い色で目を引き締めないメイクがトレンドです。二重幅には「暗い色」ではなく「中間色」をふんわりと入れましょう。

一重さん、奥二重さんは幅広くいれてもOKですが、暗い色ではなく中間色くらいの色にしてあげるとトレンド感アップです!

②真っ白の目頭

最近やっている方はあまり見かけませんが、昔流行った「目頭のくの字真っ白ハイライト」!懐かしいですね。

今やってしまうと時代遅れ&昔のギャルっぽく見えてしまいます…。

目頭のハイライトは白でしっかり入れるのではなく、アイシャドウの明るい色をナチュラルに入れましょう。

「色がしっかり入りすぎてしまう!」という方は付属のチップや指ではなく、ブラシを使うのがオススメ。

アイライン編

①太過ぎるアイライン

まだまだやってしまってる方が多い「太過ぎるアイライン」。

アイラインで二重幅を狭くしてしまうと、逆に目が小さく見えてしまいます。アイラインは自分の二重幅に合わせていれましょう。

アイラインを太く引くのが似合う方は「二重幅が広く、スッピンだと眠たげな目の方」と「浅めの巻き込み型二重さん」です。

奥二重さんはまつげの生え際やインラインだけでもOK。

一重さん、深めの巻き込み型二重さんはアイラインが必要ない方も多いです。目尻のアイラインや、ビューラー、マスカラで目力を出しましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ