無料の会員登録をすると
お気に入りができます

横浜流星、川口春奈と『着飾る恋』星野源チャレンジに言及「現場では…」

エンタメ

最終回放送後に川口春奈さんがYouTubeを更新。横浜流星さんとともに、作品やSNSで流行った言葉について語りました。

女優の川口春奈さんが22日、自身のYouTubeチャンネルを更新。

川口春奈

『着飾る恋には理由があって』(TBS系)に関連し、SNS上で話題になった言葉『星野源チャレンジ』『おいげん』について、共演者の横浜流星さんと語りました。

星野源
横浜流星

■ぬるっと登場する横浜さん

ドラマ最終話放送後に投稿された今回の動画。横浜さんがゲストとして登場(川口さんが座るソファの後ろからぬるっと出現)し、真柴と駿が並んでドラマについて語っていくことに。

「どうでした? わたしはすごい楽しかったわ」と尋ねる川口さんに、横浜さんは「楽しかったのはそうなんだけど、難しかった」と役作りに苦労したことを告白。役を自分のものにできたのは「4~5話あたりかな」と神妙な面持ちで語ります。

料理シーン含め簡単ではない役柄だったようですが、川口さんは「めちゃくちゃ格好いいじゃないかって思ったし」と仕上がりを褒めつつ、髪をかき上げたシーンについて「ズルいよ! と思って」「ちょっと何回か巻き戻した」と明かします。

■現場では「星野源背負われた~」

その後、トークは本作のSNSフォロワーが多いという話から、ネット上で盛り上がった言葉についてに移行。まず最初に取り上げたのは「星野源チャレンジ」です。

星野源さんが担当する主題歌『不思議』が流れるタイミングが、どのキャラの胸キュンシーンなのかを予想する…というもので、真柴、駿、そして真柴の会社の社長である葉山祥吾(向井理さん)の三角関係が加速したのちは、より一層注目を集めることになりました。

向井理

これに対し、横浜さんは「チャレンジって言うまではわからなかったけど」としつつも、「星野源背負われた~とか、そういうのは現場でちょっと言ってた」と裏側を明かします。

■オイゲンは台本にも記載

またドラマ内では、一旦楽曲が止まってから、星野さんの歌声が流れ出す演出も特徴でした。こちらは制作陣や視聴者の間で『おいげん(オイゲン)』と呼ばれていますが、川口さんが取り上げなかったことに横浜さんが「オイゲンはないんだ?」と質問。

「オイゲンは…うちらだけなのかな?」と川口さんは首をかしげるなど、SNSでの反響までは確認できていなかったようですが、一方で台本に『オイゲン』が書かれていることを告白。出演者が『オイゲン』のタイミングを知っている状態で撮影していたようです。

■視聴者からは熱い感想

今回の動画に対し、コメント欄には様々な反響が。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ