無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ぐちゃぐちゃ・からまる問題を解決!片付けのプロがよくあるコンセントのお悩みにお答えします!

インテリア

人生を変えるお片付けアドバイザーの上野景子です。どうしても生活感が出てしまいやすいコンセント周り。片付けの現場でもよく聞こえてくるコンセント問題ですが、今回はよくあるお悩みごとに我が家が実践しているスッキリさせる方法や解決策、便利グッズなどを紹介していきます。

ドライヤーのような太くて長いコードは留まらなかったので、洗濯バサミのようなクリップタイプが適しています。

形や長さを揃える・まとめる

洋服の畳み方を揃えることで、一気に収納しやすくなった経験はありませんか?

コンセント類も同じように、揃えて統一感を出すことでスッキリ見えてきます。

長さが違うコード類は、結束バンドやゴムなどを使ってまとめるとバラバラすることなく、絡みづらくなりますよ。

収納する時は、チャック付きの袋を使って形を揃えています。

中身がすぐ分かるようにラベルを貼っています。

このように、形が整うだけでスッキリと収納することができます。

お悩み3.コンセントの位置がよくない

家具や家電の配置を決める時に、コンセントの位置はとても重要になってきます。位置や数によってそのお部屋の使い方も大きく変わります。

片付けでお客様の収納を整える際も、必ずコンセントの場所や数を確認させてもらいます。

ただ、簡単に移動できるものではないので悩んでいる方はとても多いんです。

電源タップの生活感をなくす

コードが長い電源タップやコンセントが少しでも気にならなくなるよう、シンプルでおしゃれなものを選びます。お部屋の雰囲気に合わせることで、なじんで目立ちにくくなります。

コンセントの近くに収納する

生活感が出ない時間が少しでも長くなるよう、使わない時はなるべくコードを抜いて収納します。使うたびに出し入れするのを面倒に感じないよう収納する場所に気を付けて。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ