無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ちょっと変えたら-3歳&一気に垢抜け!アラサー女子の脱オバ見えアイメイクの超裏ワザ

メイク

アラサーになってくると、20代の頃とは違った悩みが出てきますよね。流行のメイクをすれば若見えすえるかと思いきや、なんだかイタいメイクになってしまった…なんてことありませんか?今回はアラサー女子にぴったりな、大人の七難を隠しつつ垢抜けた印象にする超裏技メイクテクをご紹介します。

目の下と同様、上まぶたも皮膚が薄くなったりたるんだりして、血色感が無くなったり、目元が窪んでしまったりします。

血管の色(青や緑っぽい色)の補色である「オレンジ色」のシャドウを選ぶことで、パッと目元が明るくなります。

アラサーだと落ち着いたくすみカラーなどを選びがちですが、明るめのオレンジ色は膨張色でもあるので、窪んだ目元をふっくらとさせ、ハリ感もアップしてくれます。

【ポイント3】アラサー女子はシェーディングよりもハイライト

ハリ感の喪失やたるみが原因で、顔全体のメリハリ感がなくなってしまうのもアラサーの悩み…。

メリハリを出すために、シェーディングに手を伸ばしてしまいそうになりますが、ストップ!

シェーディングはくすみ系シャドウと同様、顔の印象が沈んで見えてしまいます。

アラサー女子におすすめなのは「影よりも光」です。

目頭と鼻根にハイライトを入れることで、鼻が高く、目と目の間隔が狭く見え、キュッと引き締まった印象になります。

また、ハイライトのツヤ感で「水分量たっぷりの潤った肌」に見せることも可能です。

顔のあらゆる部分にハイライトを塗ってしまっては逆効果なので、ポイント使いすることでより効果的に。

【ポイント4】大人のアイメイク、もっとも重要なのは「眉」

目力をアップさせたいがためにアイラインをくっきり引いていたりしていませんか?

これは逆効果!アラサー女子が目力をアップさせたいとき、注目すべきは「眉」です。

今は並行眉が主流ですが、垂れてしまうと一気に老け見えするのでアラサーには鬼門なのです。

眉はアンダーラインに少しだけ角度をつけることで、目をクッと見開いたような目元になります。

眉山は緩くカーブさせることで、キツイ印象にはならないのでここもポイントです。

気持ち濃いめに描くことで顔全体が上重心にリフトアップした印象になります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ