無料の会員登録をすると
お気に入りができます

デカ目のコツは“まゆ毛”だった!眉毛の位置でこんなに変わる!デカ目に見える眉メイク術

メイク

顔の額縁と言われ、印象を大きく左右する眉毛。実は眉毛の形だけでなく、眉毛の高さでかなり雰囲気が変わるということをご存じですか?今回はイラストを使って眉毛の形は変えずに、高さだけを変えて印象を比較してみました。整え方や、メイクのポイントもあわせてご紹介するので、ぜひチェックしてくださいね。

目の印象は眉毛の位置が関係していた?!

イラストに描かれた3人の人物、顔の印象がかなり違いますが、実はまったく同じ顔なんです。

違うのは眉毛の高さ。まゆ毛と目の距離が違うだけでかなり雰囲気が変わりますよね!

そこで今回は眉の高さ別にそれぞれの印象と、メイクのポイントや整え方をご紹介します。

①定番!標準眉

鼻筋の延長線上に眉頭があるのが、眉毛の基本的な高さ。一番自然な場所になるので、違和感のない自然な顔立ちになれます。

ここの高さを基準に、眉の高さをほんの少し上げ下げするだけで、かなり違った雰囲気に仕上がりますよ♪

②ハーフ顔になりたいなら低め眉

基本の眉から位置を少し下げ、目に近づける低め眉。眉の位置が少し下がることで顔全体の余白感がなくなり黒目がちにみえるので、目力アップも期待できます!

海外のモデルさんは彫りが深く、目と眉の間隔が狭め。なので眉の位置を下げればハーフっぽい、若々しくクールな雰囲気になりますよ。

メイクのポイント

低め眉にするときは、理想の高さになるように黒目の上あたりにラインを書き足して、眉尻に向かってつなげるのがポイント。

自眉の位置が高く、下げられない!というときは、シャドウを目の骨に沿って入れると眉位置が下がって見えますよ。

③やさしげな印象にするなら高め眉

高め眉にすると、低め眉とは反対にかわいらしい印象に♡絶妙な抜け感があるので、親しみやすさや、やさしげな雰囲気にしたいときにぴったりです。

一般的には、眉と目の距離が近づいていたほうが『かわいい顔』とされていますが、高め眉の方が柔らかい顔立ちになるため、実は男性からも女性からも好かれやすいモテ顔なんです!

メイクのポイント

高め眉にするコツは、整える段階で眉毛を細めするようにしましょう。目と眉の間に空間ができ、眉位置が高く見えるんです!さらに、高くさせたい場合は、眉の上側を書き足しましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ