無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あなたの眉は大丈夫?「残念眉」と「垢抜け眉」を分けるターニングポイント3つはココ!

メイク

頑張っているつもりがどこか残念な仕上がりになってしまったり、眉メイクは難しくてコツがつかみにくいですよね。今回はついやってしまいがちな残念眉と今っぽい垢抜け眉メイクのちがいを3つご紹介します。垢抜け眉メイクができるプチプラアイテムと使い方のコツをまとめました。

実は簡単!垢抜け眉の描き方

プチプラのアイテムだけで垢抜け眉は描けるんです♡

1つずつ使い方のコツを押さえましょう!

1.アクセントカラーを眉の中央に置く

アイメイクやパーソナルカラーに合ったアクセントカラーを選んでください。

それを大きめのブラシにとって、眉の中央に押し当てるようにして色を移していきます。

ごしごしすると発色しすぎるので、ポンポン塗りを厳守してくださいね。

2.大きめブラシで眉下ラインを一筆書き

大事なのは大きめでぶれないブラシを使うこと!

自分の髪色にあった暗さのパウダーをブラシに含ませます。

この時パウダーがブラシ全体にいきわたるようにするのがポイント。ティッシュオフして量を調整したら、眉頭をあけて一筆で眉尻向かってブラシを滑らせます

POINT
薄く書きたいからといってブラシの先にだけ、パウダーをつけるのはNG。ムラになる原因です。ブラシ全体に十分な量を取って、ティッシュオフの時に余分なパウダーを落とすのを徹底しましょう!

3.眉下のラインを基準に形を整える

眉下をガイドラインに大きめブラシで上半分、眉尻を仕上げます。

小さめブラシは最後の微調整の時だけ使用します。

POINT
小さいブラシでちょこちょこ描くのが失敗の原因です。ムラになったり、がたついたりと扱いが難しいので、ぜひ大きめブラシの使い方をマスターしてくださいね!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ