無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「一重まぶた」ってかわいい。マスク着用時に映えるメイクの方法

メイク

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、いつもとは異なる美容に関するお悩みを抱える女性も多い。そこで、今回はそんな時期に生まれた「“マスク”かつ“一重まぶた”のメイクのお悩み」についての対処法を、Instagramで一重・奥二重メイクについて発信されているモデルの麻井香奈さんに提案してもらいます。

アイシャドウの入れ方

アイテム選びのコツ

お仕事モードの日は、さらさら&マットな質感のアイシャドウをチョイス。ラメ入りだときらびやかにな印象になるため、今回はラメなしを使用。

方法

(1) 指で上まぶた・下まぶたの全体に①をのせ、アイホールのベースの色を均一にする
(2) ②を、上まぶたの「まぶたの上にある骨のあたり」まで指で入れて、下まぶたにはチップで全体に入れる
(3) (2)で下まぶたに使ったチップをそのまま利用して、③を上まぶたの「目を開けた時にほんの少し見える」程度の範囲に入れる。下まぶたは目尻から3分の1に③を入れる
(4) 細めのチップで上まぶたの目尻のみ④を入れる

◆Point.

・下まぶたにもしっかりアイシャドウを入れることで、マスクと目の距離が縮まって見え、小顔効果と目の存在感がアップ!
・グラデーションをきれいに作るには、まぶたの目の際から上方向に向かって色を伸ばしていくこと
・アイシャドウの単色使いは、リップやチークなどで顔全体のバランスを取る必要があるので、マスク着用時には難易度が上がる

アイラインの引き方

アイテム選びのコツ

優し気な雰囲気を作るために、ペンシルタイプでブラウンのアイライナーをチョイス。

方法

(1) アイラインを引く前に、ビューラーでまつ毛をあげる
※アイラインのよれを防ぐため、アイラインを引く前にビューラーをしておくのかおすすめです
(2) まつげの生え際にインラインを引く
(3) 目尻は5mmくらい長く引いて、綿棒を使ってアイシャドウと馴染ませる

◆Point.

・リキッドのアイラインやブラックのアイラインは、一重まぶたの方は目元がキツく見えてしまう可能性があるので「ペンシルタイプのブラウンカラー」がおすすめ
・目尻は跳ね上げすぎず、目の流れに沿ってスッと引くこと

マスカラの塗り方

マスカラ選びのコツ

アイシャドウとアイラインをブラウンで仕上げたので、マスカラは目元を引き締めるブラックかつカールキープ力の高いものをチョイス。

方法

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ