無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[着飾る恋]女性に共通する「着飾ること」の本当の理由

エンタメ

恋愛・婚活コラムニストのやまとなでし子さんが、TBS火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』を毎週考察&展開予想するコラムです。今の日本人の生き方、価値観に一石を投じてくれそうな本作で、真柴くるみ(川口春奈)と藤野駿(横浜流星)が繰り広げる”うちキュン”はどう展開されるのか!?

※このコラムには『着飾る恋には理由があって』エピソード第10話までのネタバレが含まれます。

(c)TBS

みんなの進路が一気に開けた最終話。カレーで始まりカレーで終わるラストにまさかの5年後の姿、海の王者すぎたシャチの社長、若干の心残りなどラストへの思いをつづっていきます。

おいしいからこそ一層溢れる涙

(c)TBS

駿(横浜流星)は真柴(川口春奈)に何かが起きた時、いつも側でおいしい料理と共に支えてくれましたよね。

その中でも印象に残っているのは、第1話で真柴が落ち込んでいる時にそのおいしさで元気づけてくれたカレー。そして今回も、二人がそれぞれの進路を決意した瞬間、食べていたのはカレーでした。

駿は北海道でレストランを、真柴は東京でバイヤーを目指すことを決め、離れることになってもお互いの夢を応援し頑張ろうと決めました。

そして真柴は、カレーを一口食べるごとに「おいしい」と漏らし、目には涙がどんどんと溢れてきます。これはおいしいからこそ、余計に溢れてくる涙だったのでしょう。

ますます駿の料理人として腕を実感し夢を応援したいという気持ちと、何かあるごとにおいしいものを作って支えてくれた駿と別れる悲しさを一層現実に感じて、悲しさが募ってしまったのだと思うんです。

今まで支えてくれていた「おいしい」が、今度は涙を煽るなんてあまりにも切ない場面でした。

それぞれの答えと自由すぎる男たち

(c)TBS

社長の包容力と優しい助言に加え、本音を見抜いてお尻を叩いてくれた駿のおかげでスランプを脱却し、次のステージに進むことができた真柴。バイヤーになる夢のため、「いつかは今!」と長年勤めた会社を辞め、自分のネットショップを持つことでそれを叶えました。

一方駿は、結局土壇場で北海道行きを蹴って全国をキッチンカーで回ることに決め、羽瀬ちゃんは陽ちゃんと結婚して絵を描き続けることに。

そして社長は駿に真柴を安心して任せられると判断して、すぐさま自分のやりたい仕事を叶えるためにトルコへ。それぞれの悩みの答えが最終話で一気に晴れていきました。

しかし、社長も駿も自由すぎますね。思い立ったらすぐ行動。結局二人とも真柴の側から物理的に離れていったという。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ