無料の会員登録をすると
お気に入りができます

無印良品の世界観に包まれる。銀座[MUJI HOTEL GINZA]でスマートステイを満喫

旅行・おでかけ

無印良品の世界をたっぷり楽しめるホテル【MUJI HOTEL GINZA(ムジホテル銀座)】。客室に用意された家具や家電、アメニティの多くは無印良品のアイテムです。観光にビジネスに、そして無印良品のアイテムを“お試し”しに。そんなホテルでスマートステイを満喫してみませんか?

|ホテルは「無印良品 銀座」と同じ建物に

洗練されたお店が立ち並ぶ銀座3丁目にある「無印良品 銀座」。その6階に【MUJI HOTEL GINZA】のフロントと、誰でも利用できるレストラン「WA」があります。宿泊料もちょうどよく、365日同一料金というのもうれしいポイントです。

▲フロントとロビー周辺は、木材や石、土などを使い、素材を変えてアクセントに

▲まさに東京の記憶。フロントの壁には100年以上前に使われていた都電の敷石がはめ込まれます

▲フロント前のロビー

▲「無印良品 有楽町」が2018年12月に閉店し、現在の銀座店に移転。旧有楽町店のあった土地の土を6階レストラン「WA」の入口の壁に塗り込み、店の歴史を引き継いでいます

▲館内ではオーク材をよく目にします。磨かれた木、マットに仕上げた木、粗削りな木など、素材に気を配る無印良品だからこそ、風合いの違いに遊び心を感じます

|銀座にいながら自宅でくつろぐように過ごせる客室

客室は7階から10階(タイプAからタイプIまで9タイプ全79部屋)。中には細長い間取りの部屋もありますが、天井が高く奥行きがあるため、意外なほど広く感じられます。

▲部屋数が最も多い客室「タイプC」。奥行のある間取りで、リビングスペースや洗面、デスクはゆったりとられています

▲タイプCでは小上がりにベッドが置かれ、リビングスペースは広さも十分

ベッドマットや枕、ソファも無印良品の製品なので、購入を考えている人は座り心地や寝心地を実際に試せます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ