無料の会員登録をすると
お気に入りができます

12星座別![2021年7月占い]「今年一番の運気をつかめる」のは誰?

占い

2021年が折り返し地点を迎えました。スロースタートになる人が多いかもしれませんが、月末には大きな運気の変化が控えています。7月の恋はどうなるのか、恋愛運を12星座別に詳しく見ていきましょう。

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

月半ばまでは積極的になるほど、空回りするかもしれません。自分の気持ちをつらぬくことは大事ですが、同じくらい相手の気持ちを汲むように心がけて。

22日をすぎると、肩の力がほど良く抜けて恋心をコントロールしやすくなります。

おひつじ座らしく、サッパリとした愛情表現が好きな人の気を惹くでしょう。フリーの人は、友人や同僚として仲が良い人のなかに恋人候補がいそうです。

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

10日前後は欲しかった回答をもらったり、話し合いに決着がつきそうです。ただ、実感としてスッキリできるのは月半ばを迎えてからかもしれません。

22日をすぎると強力な追い風が吹き始めるので、それまでは中途半端な状態でも焦らないように。6月に行き詰まりを感じていた人は、視界が一気に広がって恋の楽しさを満喫できるはず。

ただ、月末に入ると仕事が忙しくなるかもしれません。恋愛と仕事のバランスをうまく取るようにしましょう。

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

うまく伝えられずに飲み込んでしまう言葉がありそうです。月半ばまでは自分の本心がわからず、「彼のことが本当に好きなのかな?」「私は誰が好きなんだろう?」と迷うかもしれません。

下旬に入れば気持ちの整理がついてくるので、迷いの時期を抜けるまでは焦らないで。慌てて判断を見誤るより現状維持がいいでしょう。

また、悩んだ分だけ自信がついて表情や態度には余裕が出てくるはず。月末を迎えるころには魅力がいっそう増すようです。

かに座(6月22日~7月22日生まれ)

10日前後は自分をリニューアルするタイミングです。イメチェンをするも良し、恋の方向性を変えるも良し。

変えたいと思わなくても、いつの間にか恋愛観が変わっているかもしれません。好みのタイプや理想の関係性は見直したほうがいいでしょう。

また、28日をすぎると恋に広がりが出てくるはず。好きな人との関係がいっそう深まったり、出会いが増えたりしそうです。
交際中の人は将来を見据えた話をし始めるかもしれません。

しし座(7月23日~8月22日生まれ)

持ち前の魅力が光る月です。前半は周りの目が気になって迷うこともあるかもしれませんが、堂々といきましょう。思い切って一歩踏み出せば、ピンチもチャンスに変わるはず。

24日以降は、好きな人との関係に大事なマイルストーンを置くことになりそう。交際中の人はひとつ先のステージへ進めるようです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ