無料の会員登録をすると
お気に入りができます

やってる人はすぐやめて!老け見え間違いなしなアラフォー女子の「NG夏メイク」3選

メイク

こんにちは、コスメ&メイクライターの古賀令奈です。汗や皮脂、紫外線など悩みが尽きない夏は、メイクのトラブルも増えやすいもの。イメージどおりに仕上がらなかったり、思わぬところで老け見えしたりする方が多いようです。そこで今回は、アラフォー世代が気をつけたい、夏のNGメイクと改善方法をご紹介します。

NG1:顔の色と差がくっきり!首の色を無視した白肌メイク

日焼けが気になる夏は、メイクで少しでも白く見せたくなるのではないでしょうか。ベースメイクの色で本来より顔を明るく見せることはできますが、首の色との差にはご注意を。

顔と首の色にギャップがあると、野暮ったい印象を与えます。正面から見るだけでは気づきにくいかもしれませんが、顔を左右に向けて側面もチェックするとわかりやすいです。

日焼け肌に合わせてファンデーションの色を暗くするのもひとつの手ですが、明るい肌がお好みなら首の色を調整してみてください。

首にピンク系のフェイスパウダーを塗ると、本来の肌色よりもトーンアップできます。

筆者が使ったのは、江原道「マイファンスィー UVフェイスパウダー」ベビーピンク(限定品 SPF50+・PA++++ 税込3,740円)。明るいピンク系のパウダーが、肌の明度をグンと底上げ。高SPF/PA値でUV対策もきっちり叶えてくれます。

NG2:古顔まっしぐら!?鮮やかカラーの悪目立ちメイク

夏といえばブルーやグリーン、イエローを使った鮮やかなカラーメイクをしたくなる方も多いでしょう。筆者もカラーメイクが大好きですが、トロピカルカラーを主張しすぎると古臭く痛々しくなってしまいがちです。

このように、ブルーやグリーンを全面に出したメイクは、日常シーンには厳しい印象。バカンスでのメイクにしても、もう少しさりげなさがほしいところです。

おすすめは、ナチュラルなオレンジ系にブルーのニュアンスを加えるメイク。オレンジメイクの仕上げに、まぶた中央にシアーなブルーラメを重ねてみてください。自然な印象をキープしながら、涼しげな透明感と輝きがプラスされます。

ブルーラメのアイシャドウは、エクセル「アイプランナー」D 02 ミスティレイク(税込990円)。神秘的な輝きを放つアイスブルーです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ