無料の会員登録をすると
お気に入りができます

続けるほどに“細い後ろ姿”へ。1日10回〜[背中&肩周りの贅肉を落とす]簡単習慣

美容

仕事や勉強、スマホに集中するあまり、「1日中前屈み」という日は続いていませんか? 実は、そんな前屈みの姿勢は背中や肩周りのたるみ、お腹ぽっこりなど体型の崩れにつながっていきます。そこで、そんな悩みを解決するべく習慣に採り入れたいのが、ピラティスの簡単エクササイズ【スイミング】です。

【スイミング】

文字通り泳いでいるような動きで行うエクササイズで、背中や肩周りはもちろん、お腹、お尻、太ももまでたるみの出やすいパーツの引き締め効果を期待できます。

(1)うつ伏せになり、両腕と両脚を伸ばす

▲腕は肩幅に、脚は腰幅に広げ、お腹に力を入れます

(2)両腕を床からできる限り高く上げ、両脚も高く持ち上げる

(3)上半身を安定させたまま、ゆっくりと片腕と対角線状の片脚を引き上げ、逆の腕と脚をゆっくりと下ろす

▲顎は引いたまま、目線はまっすぐ先を見るようにします

この(3)の動きを交互に“1日あたり10〜20回を目安”に実践します。

|実践する際に注意するポイント

期待する効果をきちんと得るためには、「常にお腹を引き締めた状態で行うこと」、「背中を動かす意識で行うこと」の2つがポイント。肩甲骨に効いている感じがすれば、正しく実践できている証拠です。また、勢いをつけてバタバタと行うのではなく、背中をしっかり使いながら、腕と脚の動きを確かめるように動かしましょう。

▲写真のように、腕と脚の動きのバランスがバラバラになったり、実践中にひじやひざを曲げたりしないように注意!

背中や肩周りを引き締めるだけでなく、筋肉の柔軟性を高めたり、下半身の引き締め効果を期待できると嬉しいポイントがいっぱいのエクササイズです。ぜひ習慣化して“細い後ろ姿”を手に入れてくださいね。<text:ピーリング麻里子 photo:カトウキギ ピラティス監修:Minami(WECLEインストラクター/インストラクター歴3年)>

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ