無料の会員登録をすると
お気に入りができます

たかがTシャツされどTシャツ!4つのポイントで手抜きに見せない!夏のTシャツコーデテク

ファッション

Tシャツと言えば、この時期ほぼ毎日とっかえひっかえ着ている夏の定番アイテム。ただ、ここ最近のTシャツは、首もとが詰まったもの、袖が長いもの、逆に袖が短いもの、丈が長いもの、丈が短いもの、スリット入りのものなどさまざま。たかがTシャツ、されどTシャツ。白Tひとつでもバリエーションが格段に増えているのも事実。ただワンツーコーデになりがちなこの時期、色味を変えてみるもマンネリしがち…なんてことありませんか?今回は、Tシャツそのものの魅力を引き出しながら、着回しのバリエーションが広がる着こなしをいくつか取り上げてご紹介します。

■アイテム例
・ユニクロユー クルーネックT
・ユニクロ UVカットスーピマコットンクルーネックカーディガン(長袖)

そして、Tシャツスタイルをガラッと更新してくれるのがカラーボトムス。

一方で、シンプルでカジュアルな印象も持つTシャツと合わせるからこそ、カラーアイテムを派手に見せないのも◎

カラーアイテムが得意でない方もこのバランスならトライしやすいはず。

チャコールグレーやベージュなど、いわゆるあいまいカラーに発色のいいボトムスを持ってくると意外とすっとなじみ、シンプルでもコーデが一気に華やいだ印象に。

カジュアルに見えがちなノースリーブタンクトップもセンタープレスやハイウエストパンツにINすることできちんと感あるTシャツスタイルに仕上がります。

■アイテム例
・ユニクロ ストレッチスーピマコットンT(ノースリーブ)
・ZARA カラーパンツ

3:ロゴで叶える大人のリフレッシュstyle

今年らしいデザインTシャツとして、フレンチスリーブやボリューム袖など色々出ている中、筆者イチオシの旬のTシャツはphotoTやロゴT。

例えば、パールのネックレスやセンタープレスパンツ、リネンのマキシ丈スカートに合わせてみると、カジュアルな印象のTシャツも軽快なエレガントさが加わります。

ロゴTのロゴカラーを、ボトムスや小物など、どこかに持ってくるとコーデに統一感も生まれおしゃれになりますよ。

■アイテム例
・JOURNAL STANDARD CHANPION別注Tシャツ

4:アクセサリー+αの“旬顔”に

歳を重ねるにつれて感じることは、アクセサリーの存在感。

Tシャツスタイルにあるとないとで全く違う印象に!

アクセサリー=何か物足りないを埋めてくれるオトナ女子の救世主なんです。

例えば、今年らしいものでは、ボリュームのある大ぶりのチェーンネックレス。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ