無料の会員登録をすると
お気に入りができます

DAIGO、出産時に妻・北川景子の涙を引っ込める「DGDGしちゃった…」

エンタメ

DAIGOさんが、昨年誕生した長女の出産時にまきおこった、妻・北川景子さんとのエピソードを明かしました。

13日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に、歌手のDAIGOさんがゲスト出演。

DAIGO

長女が誕生した際の、爆笑のエピソードを明かしました。

■7年ぶりの出演

同番組への出演は7年ぶりになるというDAIGOさん。初登場したのは13年前で、当時は29歳だったそう。

現在43歳ということが明かされると、司会の明石家さんまさんも「つぁ!」と声にならない驚きで、今も変わらぬ雰囲気に「43年でこの出来栄え…あかんな!」と発言。

明石家さんま

するとDAIGOさんは、13年前と同じ独特なイントネーションで「たぁしぃかに!」と返答し、さんまさんも「いいよ」と大喜びで机を叩きました。

■昨年に長女誕生

とはいえ、13年経つ間に女優の北川景子さんと結婚し、昨年9月には長女も誕生、今ではパパになったDAIGOさん。「実はいまだに悔いが残っていること」というテーマでは出産時のエピソードを語ります。

北川景子

出産当日は、生まれる直前なら立ち会いOKだったため病院に行き、DAIGOさんも頑張る妻に対し声かけをしたり、背中をさすったりとサポート。ほどなく無事に赤ちゃんが誕生したそう。

■妻・北川さんの涙が引っ込んでしまう

長女誕生と、妻の頑張りに早速「ちょっとウルっと」きはじめている時に、北川さんが「よかったね」という感じでチラっとDAIGOさんの顔を見たのだとか。

さんまさんも「ええシーンよ」と聞き入りますが、DAIGOさんいわく、なんとここで「奥さんが涙引っ込んじゃって…」とのこと。

まさかの事態にスタジオも「えぇ?」とザワつきますが、DAIGOさんはその理由を「DGDGしちゃったんすね」と説明。今度は別の意味でスタジオがザワつきます。

■さんまさんも共感

どうやらDAIGOさんは「(D)DAI(G)GO・(D)大(G)号泣」…実はウルッどころではなく「めちゃくちゃ泣いちゃって」いたそうで、嗚咽も出るレベル。しまいには、助産師さんからハンカチをもらったとのこと。

そんな状態の夫に驚き、北川さんの涙も引っ込んだのでしょうか。「せめて奥さんの涙が出てから泣くべきだった…」と、少し後悔しているとのことでした。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ