無料の会員登録をすると
お気に入りができます

その塗り方まちがってるかも!?元美容部員が「ファンデーションの 塗り方の正解」教えます!

メイク

元美容部員・パーソナルカラーアナリストのIkueです。みなさんはメイクをする時にどの部分に一番時間をかけていますか?アイメイク・眉メイク、色々あると思います。実はメイクの中でもベースメイク、土台作りが大事なんです。肌の質感や印象が変わることもあるベースメイク。今回はファンデーションの基本の塗り方をお伝えします。

頬の広い部分から・内側から外側に向かって擦らず優しく伸ばしていきます。

初めからたくさんファンデーションを肌につけてしまうとヨレてしまったり厚ぼったくなる原因に。ファンデーションは薄く塗っていくのがポイントです。

頬→おでこ→鼻・小鼻→口周りの順番で塗っていきます。

目の周り・鼻周り・口周りはよく動く部分でヨレやすいので、特に薄く塗ります。

赤みの気になる頬は重ね塗りをしても大丈夫です。ポンポンと優しく重ねてください!

3.NGな塗り方とOKな塗り方

みなさんはこんな塗り方をしていませんか?NGな塗り方とOKな塗り方を紹介します。

NGメイク①シミやニキビ跡が気になるから…カバーしようとたっぷり塗り

ほほの赤みやニキビをカバーしようと顔全体にたっぷりファンデーションを塗っていませんか?顔全体にたくさんのファンデーションを塗ると厚ぼったくなりメイク崩れの原因や老け顔に見えてしまうこともあります。

全体は薄く塗り、カバーしたい部分があればコンシーラーを使うようにしましょう。

NGメイク②皮脂の出やすいTゾーンや小鼻にもガッツリファンデーションを塗る

皮脂の出やすいTゾーンや小鼻はたくさんファンデーションを塗ってしまうと、皮脂と混ざりメイク崩れの原因に。ファンデーションを塗る時はパフやスポンジについた残ったファンデーションを伸ばす程度でOKです!

小鼻の赤みが気になる方はグリーンのコントロールカラーも一緒に使ってみましょう。赤みを緑がカバーしてくれるので、ファンデーションが薄くてもカバーできるようになります。

NGメイク③顔と首が大きく違う色になっている

肌を白く見せたい!と思うとファンデーションを白くしがちですが、みなさんはどうでしょう?首と色が違うと違和感のあるメイクになってしまいます。

ファンデーションの色は合っているのに白っぽくなるという人は、下地も一緒に見直してみてください。トーンアップの下地を一緒に使用すると明るめに仕上がることがあるので、その場合無色の下地などに切り替えると◎。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ