無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[「落ち込まない私」のつくり方1]今は心が落ち込みやすい時期。5つのメンタル回復法を伝授!

ライフスタイル

コロナ禍で生活ががらりと変わったことや、30代という心身がゆらぎやすい年齢も重なり、最近、気分の落ち込みを感じている人が多数。落ち込みやすさの原因を公認心理師にお聞きし、5つのメンタル回復法をレクチャー!

バイラ世代に聞いた心の落ち込みに関するアンケート

最近、落ち込みやすくなったかどうかや、落ち込む理由、コロナ禍で増えた感情などをアンケート調査。その結果をご紹介。
【2021年5月17日〜24日、BAILAメルマガ会員にアンケート。206人が回答】

Q.最近、落ち込みやすくなったと感じますか?

最近、今までよりも落ち込みやすくなったと「とても感じる」という人と、「どちらかといえば感じる」という人を合わせると、69%と全体の7割近くに。かなり多くの人が、多かれ少なかれ落ち込みを感じていることが判明。

Q.どんなことで落ち込むことが多いですか?
(複数回答)

落ち込む理由は、仕事についてが1位。在宅ワークで、今までにはなかった問題が増えたことも関係しているかも!? 続く、自分の容姿、お金のこともバイラ世代にはつきものの悩み。コロナ禍の影響か、病気や体のことで落ち込む人も多数。

Q.コロナ以前よりも感じることが増えた感情は?
(複数回答)

コロナ以前より増えたのは、やはりネガティブな感情ばかり。最も多いのが不安で、コロナ禍で先行きが見えず、仕事の不安や、人とつながれなくなった不安など、様々な理由で不安を抱え、それにより落ち込みを感じる人も多いようだ。

最近どんなことで落ち込みましたか?

「コロナで、これまで軌道に乗っていた業務がすべてストップ。明るい未来が見えていたはずなのに、何も見えなくなって、仕事をするのがしんどくなりました」(39歳・事務職員)

「否が応にも人間関係が整理されてしまい、今までわりと仲いいと思っていた人と疎遠になってしまったこと」(29歳・私大職員)

「以前は週2でパートナーと会っていたが、コロナ禍になって月1以下の頻度に。久しぶりに会うと、嫌な面ばかり目につくようになったり、せっかくのデートでもダラダラされてしまって特別感がなくなって、なんでつきあっているんだろう? と思ってしまうことも」(30歳・マーケティング)

「これまでのように友達と会うことができなくなり、家で価値観の合わない家族とともにいる時間が増えてつらい」(34歳・フリーランス)

「リモートワークが増えて、上司や同僚とうまくコミュニケーションがとれず仕事が進まないこと」(36歳・不動産)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ